ファッション

「ロク」と京都発老舗織物メーカーのコラボチェア 「リステア」で展示イベント

 セレクトショップの「リステア(RESTIR)」は1月12日~2月14日、京都・西陣発の老舗織物メーカーの川島織物セルコンと、ロンドンを拠点にするファッションブランド「ロク(ROKH)」によるコラボレーションチェアの展示イベントを開催している。

 今回の展示は、1843年創業の川島織物セルコンがファッションデザイナーに織物のデザインを依頼し、デンマークの家具メーカー「フリッツ・ハンセン(FRITZ HANSEN)」の代表作“エッグチェア”に用いる企画の第2弾。第1弾では堀内太郎の「タロウホリウチ(TARO HORIUCHI)」、井野将之の「ダブレット(DOUBLET)」、青木明子の「アキコアオキ(AKIKOAOKI)」らが参加しており、今回はアメリカ育ちの韓国人デザイナーであるロク・ファン(Rok Hwang)の「ロク」などが選ばれた。

 「ロク」は「自然と本能~森を織る~」をコンセプトに、自然の木々や苔をイメージしたテキスタイルを提案。「有機的な自然の世界そのものをファブリックで表現する」というデザイナーの思いを表現すべく、綴織(つづれおり)の手法で立体的な風合いを再現している。サステナビリティの観点から、製作時にはカーテン生地の生産時に生じる端材なども使用している。

 デザイナーのロクは「このプロジェクトで、織物の伝統技術とはどういうものかということを深いところで理解でき、その技術によって提案したコンセプトが想像以上のレベルに高められていく過程にとても興奮を覚えた。2Dの織物を3Dに進化させることに成功し、同時に織物においての触覚にも新境地が開けた」とコメントしている。

 展示会場である「リステア」のブティック2階では、「ロク」2021年春夏の新作も一緒に並べており、ショッピングを楽しむことができる。

■rokh x 川島織物による世界にひとつだけのチェア Special Exhibition at RESTIR
会期:1月12日〜 2月14日
場所:リステア ブティック2階
住所:東京都港区赤坂9-6-17

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら