ファッション

日本初のビーガンフルーツサンド専門店が東京・恵比寿にオープン スタイリストの山脇道子がディレクション

 日本初のビーガンフルーツサンド専門店「フルーツ アンド シーズン (fruits and season)」が1月13日、東京・恵比寿にオープンする。フルーツサンドで有名な愛知県岡崎市の八百屋ダイワスーパーによる新業態で、同社が毎朝市場で選んだ果物を使用し、ビーガンレシピにこだわったフルーツサンドを提供する。スタイリストの山脇道子がクリエイティブディレクションを担当し、ビジュアルやパッケージ、店舗の内装などを手掛けた。

 メニューは乳製品や卵などの動物性食品を使わず、豆乳ベースの自家製クリームと豆乳パンを用いている。カロリーは通常のフルーツサンドの約1/3程度に抑えているのもポイントだ。使用する果物はフードロスに配慮し、丸ごと調理して無駄を出さないこだわり。果物の一部は農家直送で仕入れ、常時10種類の旬の果物を扱う。通年のフルーツサンドメニューはみかん(650円)、パイン(580円)、キウイ(650円)、マンゴー(1350円)、バナナ(420円)などをそろえる。

 店内に客席はなく、テイクアウトのみでの販売。完全キャッシュレス決済を導入し、デリバリーに対応する。また店舗での待ち時間を削減するために、事前決済アプリを開発中だという。さらに18日からは遠方の購入者やギフト対応として受注でのオンライン販売を開始し、東日本エリア(東北、関東、中部)と近畿エリアへの発送を可能にする。

 「フルーツ アンド シーズン」のクリエイティブディレクションを行なった山脇は「子どもを授かってから、“口に入るものが体をつくる”という意識がより高まった。自分の子どもにも、少しでも体によいものを取り入れたいと感じていたところにお話をいただき、味はもちろん会社の理念にも深く共感して参加することになった。仕事柄、手みやげを持参する機会が多く、ギフトを選ぶ際に中身は当然のこと、パッケージを手にしたときや開けるときの高揚感も大切にしている。そういった点を反映している」とコメントする。

■fruits and season
オープン日:1月13日
営業時間:11:00~20:00(売り切れ次第終了)
住所:東京都渋谷区恵比寿西1-10-1 クリーンパレス1階
定休日:月曜(祝日の場合は営業、翌日は振替休業)

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら