ビューティ

「N°21」がメイクアップやビーガンスイーツをローンチ 元「ADDICTION」ディレクターのAYAKOらとコラボ

 アレッサンドロ・デラクア(Alessandro Dell’Acqua)が手掛ける「ヌメロ ヴェントゥーノ(N°21)」はブランド設立10周年を記念したプロジェクト「ガラージュ ヴェントゥーノ」を始動する。ファッションショーの会場としても使用されたミラノ本社内のスペース「ガラージュ ヴェントゥーノ」をイメージし、ブランド初のビューティアイテムやフードをそろえる。世界初の旗艦店を東京・表参道にオープンしたことから日本限定で行い、11月4〜10日に阪急うめだ本店1階コトコトステージ 11、11月11日〜2021年1月31日に同店3階イベントスペースで展開する。

 ビューティアイテムは元「アディクション(ADDICTION)」ディレクターで、グローバルに活躍するメイクアップアーティストのAYAKOとコラボレーションし、メイクアップやスキンケアアイテムをラインアップ。「ヌメロ ヴェントゥーノ」のコレクションに度々用いてきたブラックとヌードからインスパイアされ、ヌードとブラックのプロダクトを5つずつ、セットにしている。“ヌード コレクション”(2万1000円)”はローズウオーター配合のスキンケアマスク、ベルベットのような質感のアイシャドウ・チークパウダー、ペンシルアイライナー、シアーな仕上がりのリップスティック、ネイルポリッシュをエコレザーのトートバッグに入れたセット。“ブラック コレクション”(2万1000円)はチャコール入りの洗い流すフェイスマスクにリキッドアイライナー、リップグロス、リップスティック、マットなネイルポリッシュを同じくエコレザーのトートバッグに入れて販売。ベルベットパウダーを除く全ての製品はビーガン処方でパラベンフリー、さらに動物実験も行わず体・環境に配慮した処方を用いている。

 フードはマドンナ(Madonna)のパーソナルシェフとしてマクロビオティックを世界に広めた西邨マユミが監修したビーガンエナジーバーが登場。デーツを主成分にしたチョコブラウニーで、100%植物原料から作られ、さらに保存料や着色料、香料などの添加物を含まない。今回はエナジーバー6本とエコレザーポーチをセットにして、9000円で販売する。イタリアの「24ボトルズ(24BOTTLES)」とコラボした水筒(1万3000円)もブラックカラーに染まり、限定で登場する。

 また、手持ちと肩掛けと2種のハンドルを備えた“トートバッグ”(1万3000円)はリサイクルポリエステルを100%用い、限定のバッグストラップ(9000円)はビューティアイテムやフードのセットのトートバッグ・ポーチにも装着が可能になっている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら