ビジネス

ニトリが来年から出店再加速、倍増の100店舗をSC中心に出店 アパレルはM&Aも

 ニトリホールディングスは来年から再び出店を加速する。昨年と今年は年間で30〜50店舗増の出店にとどまっていたものの、来期からは倍増の年100店舗を出店する。出店は主にショッピングセンターになり、スクラップ&ビルドも含め、1000平方メートル以上の大型サイズになるようだ。似鳥昭雄ニトリHD会長兼CEOは「来年は100店舗以上、再来年も最低100店舗は出店する。昨年と今年は準備をしていた。ヒト・モノ・カネすべてを使って再び攻勢に出る」と意欲を示す。アパレルの新業態「エヌプラス」だけでも来期で15〜20店舗の出店を計画しており、「『エヌプラス』はいずれ100店舗200店舗、いずれは海外も含め1000店舗体制へと持っていきたい。(10月にTOBを表明した)島忠と同様にアパレルでもTOBや買収に積極的に参加していく」という。

 ニトリHDは、主力の家具・インテリア「ニトリ」を中心にコロナ下でも快進撃が続いており、20年3〜11月期の売上高は前年同期比12.2%増の5401億円、営業利益は同40.3%増の1185億円、経常利益は同39.1%増の1196億円、純利益は同33.4%増の767億円だった。粗利益は同17.1%増の3986億円、粗利益率は2.3ポイント上昇の57.1%になった。9〜11月の既存店は9月が前年同期比1.6%減、10月が同2.0%増、11月が同3.4%増とやや落ち着きを見せているものの、2〜11月の累計の既存店売上高は10.9%増となっており、前年同期比だと6.0ポイントも増加した。

 似鳥会長は「来期からは建設コストの下落に転じるため、東京・大阪などに所有する3000坪の土地の開発を進めるほか、店舗と物流センターに関してもなるべく自前で作っていく」という。物流に関しては今後5年で2000億円を投じて、全国に自社物流センターの構築と拠点の集約・大型化を進める。

 21年2月期に関しては前回発表の見通しを据え置き、売上高7026億円(前年比9.4%増)、営業利益1329億円(同23.7%増)、経常利益1341億円(同22.4%増)、純利益853億円(同19.5%増)と、34期連続の増収増益の達成を見込む。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら