ファッション

ニトリの強さとアパレル挑戦を考える【齊藤孝浩のファッション業界のミカタVol.20】

有料会員限定記事

 企業が期ごとに発表する決算書には、その企業を知る上で重要な数字やメッセージが記されている。企業分析を続けるプロは、どこに目を付け、そこから何を読み取るのか。この連載では「ユニクロ対ZARA」「アパレル・サバイバル」(共に日本経済新聞出版社)の著者でもある齊藤孝浩ディマンドワークス代表が、企業の決算書やリポートなどを読む際にどこに注目し、どう解釈するかを明かしていく。今回はホームファッションのニトリの決算から同社の強みを探る。(この記事はWWDジャパン2020年12月14日号からの抜粋です)

 今回はコロナ禍でも快走を続け、島忠の買収でも話題のニトリを取り上げます。

 まず非常に営業利益率が高い企業です。彼らは“製造物流IT小売業”を掲げていますが、自前で垂直統合型サプライチェーンを実現しています。つまり、まさしく製造小売業で、企画から商品開発、原材料調達、製造、品質管理、貿易、物流、販売まで全てを自社で網羅して、お客さまと向き合っています。アパレル企業であればSPAであり、よくファーストリテイリング(FAST RETAILING以下、FR)と比較されています。

 FRになくてニトリにあるものとしては、まずは貿易機能です。大概は専門の業者に頼むのですが、彼らは自分たちで通関を切って直接輸入しています。次に物流についても11月に、2000億円ほど投資して物流センターを自社で一元管理する計画を発表しました。もちろん自動化も進めています。

 商品も自分たちで作ります。商品部に今580人ものスタッフがいるそうです。仕様書発注できるというのが大きな強みです。社員がちゃんと世界の展示会に行き、工場に対して仕様書で発注するという仕組みを実践し、それを繰り返しながら学んで、今があるという感じがします。

この続きを読むには…
残り2204⽂字, 画像7枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら