ビジネス

モデルのステラ・テナント氏が50歳で急逝 業界から悼む声

 英国出身のモデルのステラ・テナント(Stella Tennant)氏が22日に亡くなった。50歳だった。23日に家族が声明を発表し、「この突然の死を発表するのはとても悲しいことだ。彼女は素晴らしい女性であり、私たちにインスピレーションをいつも与えてくれた。彼女の死は惜しまれることだろう」と述べた。なお、死因は明らかでない。

 テナント氏は1990年代を代表するスーパーモデルの1人で、「シャネル(CHANEL)」「バーバリー(BURBERRY)」「アレキサンダー・マックイーン(ALEXANDER McQUEEN)」といった多くのラグジュアリーブランドのランウエイに登場した。デザイナーの故カール・ラガーフェルド(Karl Lagerfeld)氏のミューズとしても活躍。鼻ピアスや太いアイライン、短い髪の毛でファッションシーンに参加したテナント氏は、型にはまらない新世代のモデルだった。

 近年は家族とスコットランドで過ごしながらも、2016年には友人であるイザベラ・カウダー(Isabella Cawdor)とタッグを組んで「シャネル」が所有する「ホランド & ホランド(HOLLAND & HOLLAND)」のウィメンズコレクションの制作に携わった。プライベートではフランス出身のフォトグラファーであるデヴィッド・ラスネ(David Lasnet)と結婚し、4人の子どもをもうけている。

 テナント氏の死去を受けて多くのブランドやデザイナーが声明を発表している。「シャネル」は、「ステラ・テナントはわれわれにとってとても親しい友人であり、カールが彼女に触発された1990年代半ばから今に至るまで、25年以上共に働いた。彼女はその自立性、優雅さ、堂々とした様子で『シャネル』の精神をまとっていた。とてもアイコニックでインスピレーションあふれる女性だった。外見だけでなく心も美しく、ウィットにとんだユーモアにあふれていた」とコメントした。

 デザイナーのステラ・マッカートニー(Stella McCartney)は、「この衝撃の一年の終わりに迎えるとても悲しいニュースだ。悲しみに包まれているであろうステラの家族のことを思うと心苦しい。言葉にならない。彼女はインスピレーションに溢れており、外見の完璧さに勝る美しい心を持っていた。ステラはいつも優雅さと明るさを持ち合わせていて、どこにいても彼女と知り合えたことを幸せに思う気持ちにさせてくれた。彼女が平和に包まれ、私たちの上を元気に馬で駆け回っていることを願う」と述べた。

 「アルベルタ フェレッティ(ALBERTA FERRETTI)」の2000年春夏や21年春夏キャンペーンをはじめとして、たびたび仕事を共にしたデザイナーのアルベルタ・フェレッティは、「ステラを際立たせていたのはその独特の美しさだ。地に足がついた人物で、彼女の人間性が大好きだった。彼女の人柄はランウエイのカメラを通して映し出され、アイテムに個性やリアリティを与えていた」と語った。

 自身のインスタグラムに悲しみを表現したのは、「ヴェルサーチェ(VERSACE)」のドナテラ・ヴェルサーチェ(Donatella Versace)=クリエイティブ・ディレクターだ。テナント氏がレパード柄のスカートを着用したモノクロ写真を投稿し、「ステラ、あなたがいなくなったなんて信じられない。こんなに早く去るなんて。私たちはあなたのキャリアの初めの頃に出会ったね。一緒に過ごしたすべての瞬間を大切にするよ。チャオ。ご冥福をお祈りする」とコメントした。

 テナント氏と交友関係を持ち、母親としての側面も知る「バーバリー」のリカルド・ティッシ(Riccardo Tisci)=チーフ・クリエイティブ・オフィサーも思いの丈を語った。「ステラ・テナントは真のアイコンだった。彼女の名前の通り、かけがえのない輝く星だった。彼女は素晴らしい女性であり、誠実な母親であり、永遠の美しさであり、エレガンスと愛に満ちた人物。共にこの業界を駆け抜けてきた、素晴らしい友人であるステラのことを深く尊敬する。彼女は優しさと賢さに溢れたオーラとエネルギーを持っていた」。

 「ステラは、エレガントでパンクな英国独特の折衷主義を完全に体現していた。彼女の個性は飛び抜けていて、ステラなしに私は『バーバリー』での新たな人生の章をスタートさせることはできなかった。『バーバリー』での最初のショーやキャンペーンを彼女と一緒にできたことは、忘れられないものになるだろう。彼女のレガシーや美しさは私たちの心に生き続ける。私の大切な友人であり、スターであるステラがいなくて寂しくなるよ。彼女と、彼女の愛する方々が健やかに過ごしますように」と述べた。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら