ビューティ

読者約1万5000人が選ぶ「美的」ベストコスメ大賞が発表 「ベストビューティウーマン」には戸田恵梨香を選出

 小学館が発行する美容誌「美的」は17日、読者が選ぶ2020年の「美的ベストコスメ大賞」と「美的ベストビューティウーマン」を発表した。“20年の見た目も内面も美的な人”を表彰する「美的ベストビューティウーマン」には女優の戸田恵梨香を選出した。過去には女優の深田恭子や石原さとみらも選出されている。

 純白のドレスに身を包んだ戸田は、「選ばれたことに純粋に感激しています。(コスメに関しては)特に今の時期は乾燥肌なので保湿に気を使っています。20年は世の中が大きく変化した年でしたが、その中で私自身も停滞せず進化できるように意識していました。おうち時間では今まで以上に健康を意識して、健康に関する本を読みふけっていました。来年は腸内環境を整えることに注力したいです」とコメント。

 「美的ベストコスメ大賞」では、スキンケアカテゴリーのクレンジング部門に「ファンケル(FANCL)」“マイルドクレンジング オイル”、化粧水部門に「ナチュリエ(NATURIE)」の“ハトムギ化粧水”、洗顔部門に「洗顔専科」の“パーフェクトホイップ U”、美白部門に「オバジ」の“オバジC25セラム ネオ”、エイジングケア部門に「エスティ ローダー(ESTEE LAUDER)」の“アドバンス ナイト リペア SMR コンプレックス”が受賞した。

 メイクアップカテゴリーではリップ部門に「オペラ(OPERA)」の“リップティントN 05”、単色アイシャドウ部門に“ザ アイシャドウ スパークル004SP マリアージュ”がランクインした。ベースメイクカテゴリーにはクリーム&リキッドファンデーション部門に「スック(SUQQU)」の“ザ クリーム ファンデーション”、パウダリーファンデーション部門には「アルビオン(ALBION)」の“パウダレスト”、コンシーラー部門―には「ディオール(DIOR」」“ディオールスキン フォーエヴァー スキン コレクト コンシーラー”などとなった。

 ヘアケア部門ではクラシエホームプロダクツ「ディアボーテ ヒマワリ」の“オイルインシャンプー” “オイルインコンディショナー”、美容賢者が選ぶベストコスメ部門に、「ランコム(LANCOME)」の“クラリフィック デュアル エッセンス ローション”、「美的 グラン」読者部門に「アスタリフト(ASTALIFT)」の美容液“スパークル タイト セラム”となった。

 「美的ベストコスメ大賞」は、読者の投票のみで選ぶ “その年、最も良かった”コスメに贈られる賞で、今年は1万5048人の読者アンケート結果のもと、スキンケア、メイクアップ、ベースメイク、ヘアケア、美容賢者、「美的」40代向けの新雑誌「美的 グラン(GRAND)」のベストコスメ6部門116編の1位を発表した。鈴木智恵「美的」編集長は「どんな状況下でも楽しいニュースを発信したいというのが編集部一丸の思いだ。このベストコスメ大賞を通して、新型コロナウイルス禍でも、いかに読者が化粧品を楽しんでいるかというのを伝えたい」と語った。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら