ビューティ

ロフトが2020年度版ベストコスメを発表 マスク生活でスキンケアが上位に

 ロフトは、ロフトの「売れ筋アイテム」と「バイヤーおすすめ」から選出した「ロフトベストコスメ2020」を発表した。マスクによる乾燥などの悩みやおうち時間の増加でスキンケアアイテムが多く選出された。第1位に、「ラ ロッシュ ポゼ(LA ROCHE-POSAY)」の化粧下地・日やけ止め乳液“UVイデア XL プロテクショントーンアップ”、2位に“同 ローズ”が選ばれた。SPF50+・PA++++で、スキンケア成分や保湿成分を配合し、シミや色むらなどをカバーしながら肌を整える。光を反射し、肌を綺麗にみせるトーンアップテクノロジーを採用し、気になる肌悩みを自然にカバーしつつ、上品な艶感も演出する。3位にはメンズスキンケアブランド「バルクオム(BULK HOMME)」の洗顔料“ザ フェイスウォッシュ“がランクインした。

 ネクストコスメ部門では、1位にユーチューブやSNSで支持を集めるモデルの古川優香がプロデュースするコスメブランド「リカフロッシュ(RICAFROSH)」のアイシャドウ“ラグトーマス・キット 02 サンセットブリック”、2位にはユーチューバーのふくれながプロデュースする「シピシピ (CIPUCIPI)」のアイライナー“グリッターイルミネーションライナー”、3位に自然派ライフスタイルブランド「Nオーガニック(N ORGANIC)」から11月に誕生したメイクアップブランド「アンドウルフ(&WOLF)」の“スリーサムデザイニングアイカラー”などが並んだ。

 メイクアアップ部門のカテゴリー別では、リップ部門の1位に「リカフロッシュ(RICAFROSH)」の“ジューシーリブティント01 オランジェット”、アイシャドウ部門にNMB48の吉田朱里プロヂュースのコスメブランド「ビー アイドル(B IDOL)」の“THEアイパレ 本命のブラウン”、ファンデーション部門にヘア&メイクアップアーティストの河北裕介が手掛けるライフスタイルブランド「アンドビー(&BE)」の“ファンシーラー オレンジ&ベージュ”が選出された。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

トラッド&ベーシックをとことん遊ぶ 2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンド特集【WWDBEAUTY付録:2024年上半期ベストコスメ】

百貨店やファッションビル系ブランド、セレクトショップの2024-25年秋冬ウィメンズリアルトレンドの打ち出しが概ね出そろいました。ここ2〜3年の間でランウエイで広がった“定番の再解釈”の価値観は、リアルトレンド市場にも確実に浸透。トラッド&ベーシック回帰の傾向が一層強まり、また暖冬で「ウールコートが売れない!」という声も聞かれる中で、この秋冬の戦い方の羅針盤となる特集を作りました。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。