ビューティ

ロフトが2020年度版ベストコスメを発表 マスク生活でスキンケアが上位に

 ロフトは、ロフトの「売れ筋アイテム」と「バイヤーおすすめ」から選出した「ロフトベストコスメ2020」を発表した。マスクによる乾燥などの悩みやおうち時間の増加でスキンケアアイテムが多く選出された。第1位に、「ラ ロッシュ ポゼ(LA ROCHE-POSAY)」の化粧下地・日やけ止め乳液“UVイデア XL プロテクショントーンアップ”、2位に“同 ローズ”が選ばれた。SPF50+・PA++++で、スキンケア成分や保湿成分を配合し、シミや色むらなどをカバーしながら肌を整える。光を反射し、肌を綺麗にみせるトーンアップテクノロジーを採用し、気になる肌悩みを自然にカバーしつつ、上品な艶感も演出する。3位にはメンズスキンケアブランド「バルクオム(BULK HOMME)」の洗顔料“ザ フェイスウォッシュ“がランクインした。

 ネクストコスメ部門では、1位にユーチューブやSNSで支持を集めるモデルの古川優香がプロデュースするコスメブランド「リカフロッシュ(RICAFROSH)」のアイシャドウ“ラグトーマス・キット 02 サンセットブリック”、2位にはユーチューバーのふくれながプロデュースする「シピシピ (CIPUCIPI)」のアイライナー“グリッターイルミネーションライナー”、3位に自然派ライフスタイルブランド「Nオーガニック(N ORGANIC)」から11月に誕生したメイクアップブランド「アンドウルフ(&WOLF)」の“スリーサムデザイニングアイカラー”などが並んだ。

 メイクアアップ部門のカテゴリー別では、リップ部門の1位に「リカフロッシュ(RICAFROSH)」の“ジューシーリブティント01 オランジェット”、アイシャドウ部門にNMB48の吉田朱里プロヂュースのコスメブランド「ビー アイドル(B IDOL)」の“THEアイパレ 本命のブラウン”、ファンデーション部門にヘア&メイクアップアーティストの河北裕介が手掛けるライフスタイルブランド「アンドビー(&BE)」の“ファンシーラー オレンジ&ベージュ”が選出された。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。