ファッション

地域に巻き込まれながら課題を解決 「無印良品」個店化のカギを握るコミュニティマネージャー

有料会員限定記事

 今後の「無印良品」像を語る際に頻出するのが、“個店経営”や“土着化”、“超小売業”といったキーワードだ。国内外に約1000店を出店するが、全店共通の運営は行わず、出店先地域の課題や要望に沿って店ごとに商売のあり方を変えていく――。こうした取り組みは、過疎化や大手流通業の撤退に苦しむ地方の店舗で先行中。中でも、新潟・上越市に2020年7月にオープンした「無印良品 直江津」は“個店経営”の象徴であり、9月の売上高は全世界で5位だった。上越市の人口がたった19万人であるのにも関わらずだ。直江津店で、地域社会と店舗との懸け橋を務める古谷信人コミュニティマネージャー(以下、CM)の1日に密着した。(この記事はWWDジャパン2020年11月9日号からの抜粋に加筆しています)

この続きを読むには…
残り4543⽂字, 画像12枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

「セレクトショップ特集2020」今、ファッションビジネスに必要なことは?目から鱗のユニークなアイデアが満載

「WWDジャパン」11月23日号は、約1年ぶりとなる「セレクトショップ」特集です。今年は“ウィズコロナ時代にセレクトショップに必要なこと”をテーマに、ユナイテッドアローズ(UNITED ARROWS)、ベイクルーズ(BAYCREW’S)、ビームス(BEAMS)、アーバンリサーチ(URBAN RESEARCH)、デイトナ・インターナショナル(DAYTONA INTERNATIONAL)、バーニーズ …

詳細/購入はこちら