ファッション

地域に巻き込まれながら課題を解決 「無印良品」個店化のカギを握るコミュニティマネージャー

有料会員限定記事

 今後の「無印良品」像を語る際に頻出するのが、“個店経営”や“土着化”、“超小売業”といったキーワードだ。国内外に約1000店を出店するが、全店共通の運営は行わず、出店先地域の課題や要望に沿って店ごとに商売のあり方を変えていく――。こうした取り組みは、過疎化や大手流通業の撤退に苦しむ地方の店舗で先行中。中でも、新潟・上越市に2020年7月にオープンした「無印良品 直江津」は“個店経営”の象徴であり、9月の売上高は全世界で5位だった。上越市の人口がたった19万人であるのにも関わらずだ。直江津店で、地域社会と店舗との懸け橋を務める古谷信人コミュニティマネージャー(以下、CM)の1日に密着した。(この記事はWWDジャパン2020年11月9日号からの抜粋に加筆しています)

この続きを読むには…
残り4543⽂字, 画像12枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。
最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。