ファッション

女性誌「JJ」が不定期刊行に 読者層の環境の変化が理由

 光文社は、女性ファッション誌「JJ」の月刊発行を12月23日発売の2021年2月号をもって終了し、不定期刊行にすると発表した。「ターゲットである20代を取り巻く環境やライフスタイルの変化」を理由としている。今後はデジタルメディアとして、公式サイト「JJ ネット」やツイッター、インスタグラムといったSNS、YouTubeをはじめとする動画での発信など、読者層により適した形で展開していく。なお、紙の雑誌については、「最も効果的な企画内容である場合、随時刊行する」としている。現編集長である今泉祐二氏は今後も続投する。

 同誌は1975年4月創刊。10代から20代の女性を中心に読まれ、梅宮アンナや神田うの、黒木メイサ、加藤夏希、滝沢カレンなど、45年間にわたり数々の人気モデルを輩出した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。