ファッション

「エンポリオ アルマーニ」2016年春夏ミラノ・メンズ・コレクション

MOVIE

「エンポリオ アルマーニ(EMPORIO ARMANI)」は2016年春夏ミラノ・メンズ・コレクションの模様を生中継する。発表日時は6月20日の午後6時30分から(日本時間)。

REPORT

性差を超え国境も越える究極のシンプリシティー・テーラード

昨シーズンからウィメンズのルックをコレクションに織り交ぜ、ミラノにもノー・ジェンダーのムードを取り込んだジョルジオ・アルマーニ。今季はその色をより濃くし、さらに東洋と西洋の異なる文化をミックスさせながら、コンフォートでリラックスしたテーラードを男女も民族の差もなく再定義した。

オリエンタルなムードを強めたのはペイズリー柄。シャツにデジタルプリントしたり、ジャージージャケットにジャカードでのせたり、セットアップに細かくパンチングしたり。脇に抱えた大きなボストンバッグやバッグパックが、西から東へ旅をする紳士を想起させる。ウィメンズもメンズと同様で、コンパクトジャケットにキャロットシルエットのテーパードパンツ。今季はさらにバリエーションを豊かに提案した。

一番の特徴は、これまで「エンポリオ アルマーニ」が見せた革新素材の打ち出しを控え、あえてウールや洗いをかけたシルク、ナッパレザー、コットンでアンコンストラクテッドなスタイルに終始したところだ。一方で、得意とするボンディングなどで独特のハリを出すテクニックによって、洗練されたムードは健在。秋冬に用いる暖かな素材感のアウターも充実させ、まるでジェンダーだけでなくシーズンの概念からも解放してしまったようだ。カラーパレットにおいても、アルマーニ・カラーであるグレージュを始め、ネイビーやサンドカラー、ダスティー・グリーンといったベーシックな色味が中心だ。万国共通の素材を使ったシンプルなアンコンスタイルは、その着心地の良さや絶妙なシルエットのバランスを強調させた。

LOOK

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら