ファッション

ラフ・シモンズのアーカイブにフォーカスした展覧会が渋谷で開催 ディレクターを務めた「ジル サンダー」などのアイテムも

 東京・渋谷、神南の古着店、アーカイブストア(Archive Store)はアーカイブアイテムでラフ・シモンズ(Raf Simons)の軌跡をたどる展覧会「Raf Simons: A Retrospective」を10月31日~11月22日に開催する。

 自身の名前を冠した「ラフ シモンズ(RAF SIMONS)」の90年代から現在までのアーカイブを約100点を展示するほか、ディレクターを務めていた「ジル サンダー(JIL SANDER)」と「カルバン・クライン(CALVIN KLEIN)」のアーカイブも同時に展示し、ブランドの垣根を超えたラフ・シモンズのデザインをたどることができる。

 「ラフ シモンズ」は今年12月にブランド設立25周年を記念し、アーカイブアイテムを現代風にアレンジした“ラフ・シモンズ アーカイブ レダックス(RAF SIMONS ARCHIVE REDUX)”の発売を予定しており、彼のアーカイブへの注目が高まっている。

 入場は無料で、会期中は商品の販売は行わない。

■「Raf Simons: A Retrospective」
日程:10月31日~11月22日
時間:12:00〜20:00
場所:アーカイブストア
住所:東京都渋谷区神南1-12-16 和光ビル 地下1階
入場料:無料

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。