ファッション

ラフ・シモンズのアーカイブにフォーカスした展覧会が渋谷で開催 ディレクターを務めた「ジル サンダー」などのアイテムも

 東京・渋谷、神南の古着店、アーカイブストア(Archive Store)はアーカイブアイテムでラフ・シモンズ(Raf Simons)の軌跡をたどる展覧会「Raf Simons: A Retrospective」を10月31日~11月22日に開催する。

 自身の名前を冠した「ラフ シモンズ(RAF SIMONS)」の90年代から現在までのアーカイブを約100点を展示するほか、ディレクターを務めていた「ジル サンダー(JIL SANDER)」と「カルバン・クライン(CALVIN KLEIN)」のアーカイブも同時に展示し、ブランドの垣根を超えたラフ・シモンズのデザインをたどることができる。

 「ラフ シモンズ」は今年12月にブランド設立25周年を記念し、アーカイブアイテムを現代風にアレンジした“ラフ・シモンズ アーカイブ レダックス(RAF SIMONS ARCHIVE REDUX)”の発売を予定しており、彼のアーカイブへの注目が高まっている。

 入場は無料で、会期中は商品の販売は行わない。

■「Raf Simons: A Retrospective」
日程:10月31日~11月22日
時間:12:00〜20:00
場所:アーカイブストア
住所:東京都渋谷区神南1-12-16 和光ビル 地下1階
入場料:無料

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら