ファッション

2021年春夏の東コレ開幕 トップバッター「タクタク」は季節を超越したイメージムービー

 2021年春夏シーズンの「楽天 ファッション ウィーク東京(Rakuten Fashion Week TOKYO以下、RFWT)」が12日に開幕した。国内外から約40ブランドが集まり、リアルショーやデジタルコンテンツの発表を行う。

 トップバッターを飾ったのは、島瀬敬章デザイナーが率いる「タクタク(TAC:TAC)」で、約2分の映像を公開した。“季節感のレイヤード”をテーマに、グレーのチェスターコートに軽やかなベージュのロングシャツを、スラックスに涼しげなショーツを合わせるなど、冬服と夏服を組み合わせたようなレイヤードスタイルを披露。夏の砂浜に冬の街中を写したパネルを設置して雪を降らせるなど、テーマに直結する演出も光った。

 午後からは、パリを拠点とする「リンシュウ(RYNSHU)」や1月にパリで初のショーを行った「ターク(TAAKK)」がリアルショーを開催。「ダブレット(DOUBLET)」は楽天のサポートプロジェクト「バイアール(by R)」の支援のもとにオンラインコンテンツを発表する。明日以降は「ファセッタズム(FACETASM)」や「ザ・リラクス(THE RERACS)」「ドレスドアンドレスド(DRESSEDUNDRESSED)」「タエ アシダ(TAE ASHIDA)」などが発表を控えている。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら