ファッション

「ルイ・ヴィトン」のマスコット“ヴィヴィエンヌ”が主役! 新作の財布やスマホケースが登場

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」はオリジナルマスコット“ヴィヴィエンヌ(VIVIENNE)”を主役にした新作の小物を発売する。9月18日から公式ECサイトと一部店舗で先行販売していたが、25日から全店で取り扱う。

 長財布(9万8000円)、財布(6万8000円)、コインケース(5万5000円)、ラウンドコインケース(3万9000円)の財布アイテムと、スマホケース(5万円)、パスポートカバー(4万6000円)、ポシェットアクセサリー(4万9000円)を用意した。定番のモノグラムを背景に、“ヴィヴィエンヌ”が遊園地で遊ぶ姿をデザインしている。また、フライングチェアを描いたアイテムは日本での限定発売だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら