ファッション

「ユニクロ」が“3Dニット”の生産体制を強化 島精機との合弁会社を子会社化

 ファーストリテイリング(以下、ファストリ)は、島精機製作所(以下、島精機)と合弁で2016年に立ち上げたイノベーションファクトリーを子会社化する。同時に、ファストリの有明本部近郊に移転し、生産規模を拡大すると発表した。これによって、「ユニクロ(UNIQLO)」の看板商品の1つとなった“3Dニット”の生産体制を強化する。

 イノベーションファクトリーは、ファストリと島精機が折半出資して16年10月に立ち上げた合弁会社。その後、ファストリと島精機は18年7月に戦略的パートナーシップを締結していた。“3Dニット”は、島精機の無縫製ニット「ホールガーメント」機を使って生産されており、イノベーションファクトリーは“3Dニット”生産のモデル工場の役割を果たしてきた。

 今回の子会社化と移転・拡大によって、「“3Dニット”を中心とするニット製品の生産システムを確立し、ベトナムや中国などの海外生産拠点に、その生産ノウハウや技術を伝授していく役割を強化する」。子会社化した後の出資比率はファストリが51%、島精機が49%となる。工場は21年春に稼働予定。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

情報の“透明化”で広がる美容医療市場

「WWDJAPAN」9月27日号は、進化し続ける美容医療市場に迫ります。近年はSNSや口コミアプリの台頭で若年層を中心に美容医療の興味関心が高まっており、ハードルも下がりつつあります。さらに最近は“マスク荒れ”を改善したいニーズや、顔がマスクで隠れている今のうちに施術をしたい狙いもあり、コロナ禍でも注目を浴び続けています。

詳細/購入はこちら