ニュース

“おうち時間”にぴったりな日本庭園から着想を得たラグが登場 伊勢丹新宿で先行受注も

 ラグやインテリア雑貨を販売する「スタジオ・ザ・ブルー・ボーイ(STUDIO THE BLUE BOY以下、ブルー・ボーイ)」から、新作ラグ“ゼン ガーデン コレクション”が登場した。「ブルー・ボーイ」のオフィシャルECサイトでは10月23日発売だが、それに先駆けて伊勢丹新宿本店5階センターパーク(以下、伊勢丹)で9月16~29日に同コレクションの先行受注を行う。日本庭園からインスパイアされたラグはマッチャ・ディープ・グリーンとチャコール・グレーの2色で、グラデーションで枯山水の波紋を表現している。一枚一枚京都の職人の手で仕上げられるラグの価格は各32万9000円。

 「ブルー・ボーイ」のアートディレクションを手掛ける正田啓介は「禅とは心の声を聴くこと。このラグには禅の教えや自分自身の思いを込めた」とコメント。イメージビジュアルの撮影にもこだわり、京都の退蔵院と都内のハウススタジオの2カ所で行った。「枯山水で撮影したいと思っていたら、夢がかなった。都内のハウススタジオは建築家の納賀雄嗣氏が1978年に設計したもので、建築家ル・コルビュジェ(Le Corbusier)の従兄でやはり建築家のピエール・ジャンヌレ(Pierre Jeanneret)の家具があると知ったから選んだ」と正田。ジャンヌレに興味を持ったのは6~7年前。ビンテージストアで見つけて欲しいと思ったが、当時は高すぎて購入できなかったという。

 伊勢丹の会場でも、新作ラグとともにジャンヌレによるチェアとスツールを展示する予定だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら