ファッション

メード・イン・ジャパンのラグ「スタジオ・ザ・ブルーボーイ」が国内で展示会開催 海外アーティストのコラボ作品も

 メード・イン・ジャパンのラグやお香などのライフスタイルブランド「スタジオ・ザ・ブルーボーイ(STUDIO THE BLUE BOY以下、ブルーボーイ)」ば12月17〜19日、東京・渋谷で国内第2回目の展示会を開催する。「ブルーボーイ」は、「WWDJapan Digital」でも活躍したアートディレクターの正田啓介が手がけるライフスタイルブランド。今回の展示は、フランス・パリを拠点に活動るアーティストのアナ・カーカー(Ana Karkar)の作品も紹介。また、職人の手仕事で仕上げられるラグのクオリティーを感じられるように、旧作と新作を床に敷いて展示する。ラグは12色から好きな色を選びオーダーできるようになっている。イタリア・フィレンツェのアーティストレジデンスである「ヌメロヴェンティ(NUMEROVENTI)」とコラボレーションしたお香の他、ブランケットや新作テーブルクロスなども販売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら