ファッション

「ミノトール インスト」が厳選した黒Tだけを集めたポップアップを白T専門店「#FFFFFFT」と開催

 白無地のTシャツのみを販売する白Tシャツ専門店「#FFFFFFT(シロティ)」は、「ミノトール インスト(MINOTAUR INST)」と協業し、9月4〜30日まで黒Tシャツ専門店「#000000T(クロティ)」をミヤシタパーク南館3階「ミノトール インスト」内にオープンする。

 世界中から厳選した定番から新鋭ブランドまで常時約60種類の白Tをそろえる「#FFFFFFT」と、シーズン毎に黒にこだわったアイテムを展開する「ミノトール インスト」がタッグ。「クロティ」では、「ミノトール インスト」と英国発の高級下着ブランド「サンスペル(SUNSPEL)」がコラボレーションした“ワイドブラックTシャツ”(全2型、1万1000~1万3000円)など、生地や生産国、製法、デザイン、シルエットなどにこだわった黒無地のTシャツをラインアップする。

 泉栄一「ミノトール 」ディレクターは「『#FFFFFFT』は2年半前から『ミノトール インスト』のアイテムをオーダーしてくれていた。その1型の1色に実直に向き合ってくださる姿勢に、嬉しくもあり、責任を感じながらお付き合いさせて頂いていた。そんな中、1年前、『黒T専門店をご一緒できませんか?』と提案したのがきっかけ。同じ考え方のコラボレーションが、自分にとって楽しいと思える事で、その感覚の共感を『#FFFFFFT』ともに体験したくなったことなどをお話し、共感してくださったことで、協業に至った。」と語る。

 また、現在ミヤシタパークに9月30日までの期間限定で出店している「#FFFFFFT.zip(シロティジップ)」では「ミノトール インスト」別注の“エクストラファイン ビッグポケットT”(1万2000円)を販売中する。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら