ビジネス

D2Cのブランディットがギークスなどから1億円を調達

 アパレルに特化したECサービスを展開するブランディットはこのほど、1億円の第三者割当増資を行った。リードインベスターはIT人材派遣大手のギークスで、三菱UFJキャピタルと既存株主で投資会社のディメンションが応じた。ブランディットは6月にアパレルに特化したECプラットフォーム「ブランディットシステム」の提供を開始しており、今回の増資でエンジニア採用を強化する。ブランディットは現在新たに3ブランドを準備しており、その資金にも充てる。

 同社は19年5月に、マークスタイラーのEC事業の責任者や動画配信プラットフォームのCANDEEの執行役員を務めた鍛治良紀氏が立ち上げたスタートアップ。インフルエンサーの佐野真依子を起用したD2Cブランド「トランク 88(TRANC 88)」の運営ノウハウをベースに、「ブランディットシステム」はECに必要な販売機能に加え、受発注や原価管理、販売開始日、配送データなどを一元管理できるなど、自社完結型のPDCAサイクルを回しやすい設計になっている。