ビジネス

「LVMHイノベーションアワード」が初のオンライン開催 1200社から選ばれた企業は?

 LVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON以下、LVMH)は7月2日、優れたスタートアップ企業を選出する「LVMHイノベーションアワード2020(LVMH INNOVATION AWARD 2020)」の優勝者を発表し、オランダを拠点とするクロボックス(CROBOX)が選ばれた。

 クロボックスは2014年創業。消費者行動や購買動機を分析し、それに基づいて商品に添える売り文句を顧客ごとにパーソナライズするシステムを開発している。同じコートを見ていてもある消費者には「一番チェックされているコート」と表示され、別の消費者には「リサイクル100%のダウンを使用」などと表示されるという。

 17年から始まった同賞は今年で4回目を迎える。今年は1200社から応募があり、最終選考には30社が残った。通常はテックの祭典「ビバ・テック(VIVA TECH)」の会期中に実施されるが、今年は新型コロナウイルスの影響でイベントが中止となったため、LVMHは独自にオンラインで「LVMHイノベーションアワード2020」を開催した。

YU HIRAKAWA:幼少期を米国で過ごし、大学卒業後に日本の大手法律事務所に7年半勤務。2017年から「WWDジャパン」の編集記者としてパリ・ファッション・ウイークや国内外のCEO・デザイナーへの取材を担当。同紙におけるファッションローの分野を開拓し、法分野の執筆も行う。19年6月からはフリーランスとしてファッション関連記事の執筆と法律事務所のPRマネージャーを兼務する。「WWDジャパン」で連載「ファッションロー相談所」を担当中

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

異業種・同業種のタッグが加速! ビューティ業界サステナ事情

5月30日発売の「WWDJAPAN」は、「“連携・連帯”でサステナビリティを推進する化粧品業界」を特集します。サステナビリティ経営が必須となる今、化粧品業界でも環境への配慮や社会貢献などの動きが活発化しています。その中で、切磋琢磨する企業がサステナブル領域でアライアンスを組むなど“連携・連帯”が加速し、課題解決に乗り出す気運が高まっています。そこで本特集は“連携・連帯”をテーマに、同業者・異業…

詳細/購入はこちら