ファッション

ストライプ「イーハイフンワールドギャラリー」が7月末で事業終了

 ストライプインターナショナルは、ウィメンズブランド「イーハイフンワールドギャラリー(E HYPHEN WORLD GALLERY以下、イーハイフン)」事業を7月31日をもって終了すると発表した。現在の店舗数は、ホームページによると国内の郊外ショッピングモールやファッションビルに33。事業終了の理由は非公表。店舗跡地を今後別業態に差し替えるのか、純減させるのかといったことについては未定という。

 同ブランドは10~20代前半を中心対象にしたカジュアルブランド。近年は若年層に人気の韓国ファッションを打ち出していたが、好みが細分化し、SNSを駆使したマーケティングも求められるヤングファッションの市場に対し、存在感を発揮しきれていなかった。新型コロナウイルス感染拡大との関連性について言及はないが、新型コロナが事業終了のきっかけになった可能性はある。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら