ファッション

ストライプ「イーハイフンワールドギャラリー」が7月末で事業終了

 ストライプインターナショナルは、ウィメンズブランド「イーハイフンワールドギャラリー(E HYPHEN WORLD GALLERY以下、イーハイフン)」事業を7月31日をもって終了すると発表した。現在の店舗数は、ホームページによると国内の郊外ショッピングモールやファッションビルに33。事業終了の理由は非公表。店舗跡地を今後別業態に差し替えるのか、純減させるのかといったことについては未定という。

 同ブランドは10~20代前半を中心対象にしたカジュアルブランド。近年は若年層に人気の韓国ファッションを打ち出していたが、好みが細分化し、SNSを駆使したマーケティングも求められるヤングファッションの市場に対し、存在感を発揮しきれていなかった。新型コロナウイルス感染拡大との関連性について言及はないが、新型コロナが事業終了のきっかけになった可能性はある。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら