ファッション

ストライプ「イーハイフンワールドギャラリー」が7月末で事業終了

 ストライプインターナショナルは、ウィメンズブランド「イーハイフンワールドギャラリー(E HYPHEN WORLD GALLERY以下、イーハイフン)」事業を7月31日をもって終了すると発表した。現在の店舗数は、ホームページによると国内の郊外ショッピングモールやファッションビルに33。事業終了の理由は非公表。店舗跡地を今後別業態に差し替えるのか、純減させるのかといったことについては未定という。

 同ブランドは10~20代前半を中心対象にしたカジュアルブランド。近年は若年層に人気の韓国ファッションを打ち出していたが、好みが細分化し、SNSを駆使したマーケティングも求められるヤングファッションの市場に対し、存在感を発揮しきれていなかった。新型コロナウイルス感染拡大との関連性について言及はないが、新型コロナが事業終了のきっかけになった可能性はある。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら