ファッション

“みちょぱ”起用の新ブランド「バイファー」 「イーハイフン」「アース」で発売

 “みちょぱ”の愛称で知られるモデルの池田美優を広告塔に起用した新ガールズブランド「バイファー(BYFAR)」が今秋スタートする。運営するのは、7月に設立されたバイファー。東京発のギャルカルチャーにフォーカスし、“カジュアル”と“モード”“コケティッシュ”の3テイストを軸に、新しいギャルファッションを提案する。主力とするのは、身体のラインがきれいに見えるシルエット。フレアデニムにヒールを合わせたアイコンスタイルを“みちょぱ”が着こなす。

 ファーストシーズンは、アパレル31型と雑貨10型を用意。主な商品と価格は、“コーデュロイジップショートパンツ”と“ファー付きスエット”“ロゴ刺しゅうチュニック”がそれぞれ4500円、“リメイクビッグスエット”が5500円、“クラッシュミドルフレアジーンズ”とMA-1がそれぞれ7900円

 通常販売は10月から、自社ECサイトに加え、ストライプ運営のECサイト「ストライプクラブ」と「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」、「アース ミュージック&エコロジー(EARTH MUSIC&ECOLOGY)」と「イーハイフンワールドギャラリー(E HYPHEN WORLD GALLERY)」の全店舗でスタートする。これに先駆け、「ストライプクラブ」で独占先行予約販売を行っている。ストライプは運営するアジア店舗での販売も視野に入れている。

 10月6〜15日には、渋谷109の3階で、初のポップアップストアをオープンする。限定アイテムや“みちょぱ”とのコラボアイテムも発売する。バイファーは、2018年春には旗艦店オープンを計画している。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら