ファッション

「イーハイフン」18年秋冬は韓国テイスト強化 マス向けベーシックと両軸で

 ストライプインターナショナルのウィメンズブランド「イーハイフンワールドギャラリー(E HYPHEN WORLD GALLERY以下、イーハイフン)」は2018-19年秋冬物で、ここ数シーズン好調な韓国ファッションのテイストをやや強める。17年秋から、ブランド内で「ユッカム(YUKKAM)」という韓国ファッション好きのためのレーベルを展開しているが、18-19年秋冬は全体的に韓国色を濃くする。同時に、主力出店先であるショッピングセンターのマスの客にも取り入れやすい商品もそろえ、トレンド性と安心感の両軸を打ち出す。

 「韓国ファッションは『イーハイフン』と親和性のあるトレンド。ストリート、スポーツなど、日本で今人気があるテイストとミックスして提案する」と郡山広幸・事業部長。1月に郡山事業部長とデザイナーらが韓国・ソウルを訪れ、トレンドやショップ内装をリサーチ、それを企画に生かしたという。パープルなどのはっきりとした色合いや、デコラティブな装飾などがポイントだ。

 ただし、店頭ではそれらの商品は3割にとどめ、7割はベーシックで手に取りやすい価格の商品で構成する。「若者向けブランドというイメージが強いが、実際に来店している客は20代後半以上の主婦層が多い」ことから、今春夏は20代後半以上に向けたベーシック商品を強化したところ、2~5月の既存店売り上げが前年比25%増と好調。秋以降もこの流れを踏襲する。現在の店舗数は58、アウトレットが1。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら