ファッション

「アースミュージック&エコロジー」が新CM 広瀬すずも登場

 ストライプインターナショナルの主力ブランド「アースミュージック&エコロジー(EARTH MUSIC&ECOLOGY以下、アース)」は、新CM「バッティング」編と「タクシー」編を3月2日から全国で放送する。今回のCMには、ブランドのメーンキャラクターである宮﨑あおいに加えて、鈴木京香と広瀬すずを新たに起用。3人がそれぞれセットアップを着用し、社会人、主婦、学生を演じる。幅広い年齢層の3人が「アース」を着用することで、エイジレスなブランドであることを訴求する。

 宮﨑が着用するのは、ボリューム袖ブラウス+インナー+スカートセット、鈴木は袖タックプルオーバー+インナー+スカーチョセット、広瀬はレースキャミ+フリルプルオーバー+スカートセット。それぞれ3点のセット価格で4990円。

 バッティング編は、同僚の言葉で不機嫌になる会社員役の宮﨑、友人とSNSでケンカになって落ち込む学生役の広瀬、夫婦喧嘩で夫に怒りを覚える主婦役の鈴木が、1日の終わりに偶然同じバッティングセンターで、鬱憤を晴らすために思い切りバットを振るという内容。

 タクシー編は、慌ててタクシーを止めようとする宮﨑の隣で、広瀬も手を挙げ、さらにその隣で鈴木も手を挙げるものの、タクシーが通り過ぎてしまうという内容だ。

 CMのタイアップ曲には、ソニー・ミュージックアーティスツ所属のチャラン・ポ・ランタンの「夢ばっかり」を採用した。

【関連記事】
■「アース ミュージック&エコロジー」の制服ブランドが誕生 中高生向けに"カワイイ"学生服を提案
■「ジーユー」が独自番組で“モリ袖”“ヌキ襟”訴求 デジタル世代にフィーチャー

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら