ファッション

韓国EC「イムブリー」が日本上陸、新宿に1号店

 韓国のファッションEC発のブランド「イムブリー(IMVELY)」が8月末から9月上旬、東京・新宿のルミネ2に1号店を出店し、日本に上陸する。日本での運営会社はECモール運営代行会社のPAGE-ONER。

 「イムブリー」は2013年5月にスタートし、現在は韓国で13店舗を構える。ECサイトではファッションに加え、コスメラインの「ブリーブリー(VELY VELY)」、ライフスタイル雑貨の「ブリー ホーム(VELY HOME)」を展開する。インスタグラムで78万フォロワーを抱える経営者のイム・ジヒョン(Im Ji Hyun)=クリエイティブ・ディレクターがメーンモデルも兼ねている。昨年11月には「キューテン(Qoo10)」内に、12月には「楽天市場」内に公式サイトをオープン。2月には日本版の公式ECサイトをオープンし、すでに注目を集めている。

 日本ではファッションに加えてコスメラインを展開する。オープン日は未定だが、日本限定デザインのアイテムやオープンイベント、女性ファッション誌とのコラボが予定されている。

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら