ファッション

韓国EC「イムブリー」が日本上陸、新宿に1号店

 韓国のファッションEC発のブランド「イムブリー(IMVELY)」が8月末から9月上旬、東京・新宿のルミネ2に1号店を出店し、日本に上陸する。日本での運営会社はECモール運営代行会社のPAGE-ONER。

 「イムブリー」は2013年5月にスタートし、現在は韓国で13店舗を構える。ECサイトではファッションに加え、コスメラインの「ブリーブリー(VELY VELY)」、ライフスタイル雑貨の「ブリー ホーム(VELY HOME)」を展開する。インスタグラムで78万フォロワーを抱える経営者のイム・ジヒョン(Im Ji Hyun)=クリエイティブ・ディレクターがメーンモデルも兼ねている。昨年11月には「キューテン(Qoo10)」内に、12月には「楽天市場」内に公式サイトをオープン。2月には日本版の公式ECサイトをオープンし、すでに注目を集めている。

 日本ではファッションに加えてコスメラインを展開する。オープン日は未定だが、日本限定デザインのアイテムやオープンイベント、女性ファッション誌とのコラボが予定されている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら