ファッション

韓国EC「イムブリー」が日本上陸、新宿に1号店

 韓国のファッションEC発のブランド「イムブリー(IMVELY)」が8月末から9月上旬、東京・新宿のルミネ2に1号店を出店し、日本に上陸する。日本での運営会社はECモール運営代行会社のPAGE-ONER。

 「イムブリー」は2013年5月にスタートし、現在は韓国で13店舗を構える。ECサイトではファッションに加え、コスメラインの「ブリーブリー(VELY VELY)」、ライフスタイル雑貨の「ブリー ホーム(VELY HOME)」を展開する。インスタグラムで78万フォロワーを抱える経営者のイム・ジヒョン(Im Ji Hyun)=クリエイティブ・ディレクターがメーンモデルも兼ねている。昨年11月には「キューテン(Qoo10)」内に、12月には「楽天市場」内に公式サイトをオープン。2月には日本版の公式ECサイトをオープンし、すでに注目を集めている。

 日本ではファッションに加えてコスメラインを展開する。オープン日は未定だが、日本限定デザインのアイテムやオープンイベント、女性ファッション誌とのコラボが予定されている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2021年秋冬新色特集 目指すのは“自己肯定感”を育むメイク

「WWDJAPAN」7月26日号は「2021年秋冬の新色特集」です。従来のジェンダー規範にとらわれないトレンドはあったものの、ここ数シーズンはさらに自然体で、性別という区別を超えた「個性を生かした自分らしさ」を表現するビューティが支持を集めています。美容ジャーナリストの加藤智一さん監修のもと、より複雑化していく性属性や個性に対するブランドの取り組み、人気ブランドの「推しコスメ」を紹介します。

詳細/購入はこちら