ファッション

DJコレクティブCYKが手掛ける「エクステンション」から3rdコレクションが登場

 東京を拠点に活動するDJコレクティブCYKによるブランド「エクステンション(EXTENSION)」は、3rdコレクションとなる“201コレクション”を5月9日に発売する。

 CYKはNari、Kotsu、Naoki Takebayashi、DJ No Guaranteeの4人からなる東京を拠点としたパーティーコレクティブだ。ハウスミュージックを軸にこれまで、ババ・スティルツ(Baba Stiltz)やロス・フロム・フレンズ(Ross From Friends)ら海外の気鋭アーティストを招へいしたパーティーを開催するなど、東京クラブシーンの次世代の旗手として注目を集めている。

 「エクステンション」は、そんな彼らが“ダンスフロアのさらなる拡大”を目指して立ち上げたブランドで、“201コレクション”は夢や善悪、平和など普遍的な題材をモチーフに「En-Trans」「EXT Dream」「Lorem Ipsum」「Peace」の4つのグラフィックから構成されている。「En-Trans」は今回のメーンとなるグラフィックで、「何かを越えてみること(Trans)への意識的な態度(En-)。それはトランスという絶頂へ至る重要な手段である。クラブミュージックの提供プロセスは、そうした態度と反応しあう。そしてある種の理想郷(SAVE SPOT)へとエントランスする」という意味を込めた全6型を展開。夢の拡張を表現した「EXT Dream」、ダミーテキストを意味する「Lorem Ipsum」、平和を願ったオーセンティックな「Peace」は、それぞれ2型ずつ用意した。

 価格は1300〜7500円で、東京・原宿のドミサイル東京(DOMICILE TOKYO)、中目黒のソウ ナカメグロ ショップ&ホステル(SO NAKAMEGURO SHOP&HOSTEL)、福岡のアップルバターストア(APPLE BUTTER STORE)、熊本のアンドチル(&Chill)、香川のフィーバー(FEVER)で取り扱う。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら