ニュース

石川康晴ストライプ前社長が「ストデパ」運営子会社トップも辞任

 ストライプインターナショナルのECモール運営子会社ストライプデパートメントは19日、社長の石川康晴氏の辞任を発表した。18日付で石川氏は退任し、佐藤満専務が新社長に就任した。また新体制として会長職を設け、4月18日付で立花隆央ストライプインターナショナル社長が兼任する。

 石川氏は3月6日に親会社ストライプインターナショナルの社長を辞任したが、同じく「自身にかかわる一連の報道」を理由に子会社のトップからも降りる。石川氏は19日現在、関連会社のキャン、ストライプチャイナ、ストライプベトナムの社長に就いているが、いずれの役職からも「順次退任する予定」(同社広報担当者)という。

 佐藤新社長は1994年に日本電気でキャリアをスタートし、その後ヤフーで新サービス・新システムの企画を担当。ITソリューション関連企業の起業(00年)や、アスクルと提携したECサービス「ロハコ(LOHACO)」の立ち上げ(12年)などの手腕を買われ、ストライプデパートメント設立(17年2月)と同時に入社した。同ECの立ち上げ以後は運営の中枢を担い、18年1月からはストライプインターナショナル執行役員を兼任している。

最新号紹介