ビューティ

「WWDビューティ」が「トレンドセミナー 2020年春夏」を開催

 「WWDビューティ」は2月25日、東京・表参道の「ザ ストリングス」で、「トレンドセミナー 2020年春夏」を開催した。一昨年の夏からスタートし、今回が4回目の開催となる。

 イベントは2部制で、午前の部は都内の有名ヘアサロンの美容師を、午後の部はインフルエンサーを観客として招待。「WWDビューティ」のコレクション担当スタッフが、20年春夏のコレクション画像と映像を用いて、ファッショントレンドやヘア&メイクの傾向を分かりやすく解説。「ビューティで今シーズンの大きなテーマの1つが“ネイチャー”。ヘッドピースに生花を取り入れたり、目まわりにフラワーモチーフのペイントを施したりするブランドが見られた」などと語った。ファッションでは“ダイバーシティ”“タイムレス”“エレガント”がトレンドキーワードとなり、ビューティでは“ネイチャー”のほか、“深めのリップ”“スリークヘア”“メタリック装飾”がトレンドに浮上した。

 続いてはヘア&メイクアップアーティストの石川ユウキが登壇。自身が考案した、韓国と日本のメイクのいいとこ取りをした“ハニルメイク”を紹介し、その可能性や簡単なやり方についてレクチャー。「“ハニルメイク”の“メイク”にはもちろんメイクアップの意味もあるが、“メイキング”の意味もあって、ヘアとメイクとファッションの全てが合わさって韓国風になる。メイクだけでいうと、太眉にしたり、鼻を高く見せたりすることが特徴的だ」と話した。

 その後、「WWDビューティ」主催のフォトコンテスト「第3回 WWDビューティ ヘアデザイナーズ コンテスト」の表彰式を行った。同コンテストは、全国の美容師やヘアメイクアップアーティストを対象に、モデルを起用したヘアデザイン作品を募集し、グランプリを決定するというもの。審査員を務めた奈良裕也「シマ ハラジュク(SHIMA HARAJUKU)」アートディレクター兼クリエイティブスタイリストがプレゼンテーターを務め、グランプリを受賞したクロカワ ケンタ「リル(Lilu)」オーナースタイリストが受賞の喜びを述べた。

 最後のプログラムとして、協賛13ブランドがプレゼンテーションを実施(一部、新型コロナの影響で不参加)。会場をとり囲むようにブースを出展した13ブランドが、それぞれイチオシ商品のPRを行った。プレゼンテーションの後は“ブース体験タイム”に入り、来場者は各ブースを回り、実際に試すことで商品の魅力を感じていた。

 美容師の回とインフルエンサーの回は、同様のプログラム(表彰式は美容師の回のみ)で実施し、各ブランドにとっては美容師とインフルエンサーの双方に商品をアピールできる機会となった。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら