ビューティ

9月26日発売の「WWDBEAUTY」は2022年秋冬新色&スキンケアを一挙紹介 リップなどが好調な百貨店もピックアップ

 9月26日発売の「WWDJAPAN」の増刊「WWDBEAUTY」は、2022年秋冬新色とスキンケア特集をお届けします。新色ではホリデーシーズンに向けた限定製品を中心に紹介。これまでのホリデーコレクションは、パーティムードを意識したカラフルなカラーやパールやラメなど華やかな印象が多かったですが、今年は想像以上に“シック&ムーディ”です。日常使いしやすいベーシックカラーが充実、それらを紹介しています。スキンケアはエイジングケアに特化した製品や美容医療から着想を得た製品など6つのキーワードで新作を掲載します。

 そのほか、好調な百貨店の化粧品売り場を紹介する「マーケットレポート」では、大丸東京店の化粧品売り場がリップやベースメイクが伸長し6〜8月の商況が前年を上回った背景を探ります。そごう横浜店の化粧品売場では、インスタグラムの発信を強め、既存顧客に加え10〜30代の取り込みに成功した事例などを紹介しています。

 注目を集める美容師のインタビューも掲載。今回は人気ヘアサロン「リム」の統括ディレクターとして活躍していたカンタロウ氏が、海外展開するサロンを統括する役職に就き、なぜ50歳を前にセミリタイアしたのかについてせまります。

「WWDBEAUTY」が付属する「WWDJAPAN」の購入はこちら

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

原宿・新時代 ファッション&カルチャーをつなぐ人たち【WWDJAPAN BEAUTY付録:中価格帯コスメ攻略法】

「WWDJAPAN」4月22日号の特集は「原宿・新時代」です。ファッションの街・原宿が転換期を迎えています。訪日客が急回復し、裏通りまで人であふれるようになりました。新しい店舗も次々にオープンし、4月17日には神宮前交差点に大型商業施設「ハラカド」が開業しました。目まぐるしく更新され、世界への発信力を高める原宿。この街の担い手たちは、時代の変化をどう読み取り、何をしようとしているのか。この特集では…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。