ニュース

「バレンシアガ」がロゴを主張しないミニマルな“ゴースト バッグ”を発売

 「バレンシアガ(BALENCIAGA)」は3月18日、2020年春夏コレクションで発表した“ゴースト バッグ(GHOST BAG)”を発売した。ブランディングに必須のロゴをあえて強調せず、実用的でミニマルなデザインに仕上げた。アイテム名はその匿名性に由来している。

 バッグのフロント部分にはかろうじて認識できる程度の型押ししたロゴを、もう一つのロゴはフラップの裏側の隠れた位置に配した。また、クラシックなベルトから着想を得たストラップには穴が開いており、長さの調節が可能だ。たゆんだ部分はベルトループに収めることができる。オリジナルのメタルバックルとメタルエッジはモデルにより素材が異なる。

 バッグの素材はクロコダイルかリザードエンボスを施したシャイニーレザーとスムーズレザーの3種類で、素材によってブラック、キャメル、ホワイト、ブライトレッド、ゴールドを、サイズはMまたはLをラインアップする。そのほか“BALENCIAGA”のスペリングを白いグラフィティで施したモデルも用意する。