ファッション

パタゴニアが全店を臨時休業 新型コロナで3月末まで

 パタゴニア(PATAGONIA)日本支社は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、3月18日から31日まで or 3月18~31日の期間、日本国内のパタゴニア全直営店22店舗を臨時休業する。なおオンラインストアは運営体制を縮小して営業を続ける。

 パタゴニア日本支社(リペアセンター含む)やカスタマーサービスは、3月2日から営業時間短縮、出勤人数の制限、室内の密集度を下げた環境づくり、リモートワークなどを導入して営業を継続している。

 マーティ・ポンフレー(Marty Pomphrey)=パタゴニア日本支社長は、「COVID-19の日本国内での感染は、依然終息する気配を見せていない。『パタゴニア』は常に私たちのパタゴニアコミュニティを第一優先に会社の方針を決定してきた。今回の状況においても、社員、社員の家族、そしてカスタマーの健康を守る最善の決断をするよう尽くす。そして、この状況を共に乗り越えられると確信している」とコメントを発表した。

 なお、北米のパタゴニアも13日の終業時間とともに全店舗とECを休業した。店舗は27日まで休業し、ECは3月23日に今後の方針を再度発表する予定だ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら