ファッション

「マメ」が世田谷のアトリエそばに初の直営店をオープン 目指すのは“地産地消”のような店

 黒河内真衣子がデザインする「マメ(MAME KUROGOUCHI)」は3月6日、ブランドとして初の直営店を東京・世田谷の新代田にオープンした。店があるのは羽根木のアトリエからすぐの場所。ブランドが普段、どんな環境の中でモノ作りをしているのかを感じられる空間だ。オープン初日から、全身「マメ」姿の熱心なファンが詰めかけている。

 店は京王井の頭線の新代田駅から徒歩1分。味のある喫茶店などが入る、古い木造家屋の1階部分だ。建築家の柳原照弘が手掛けた内装は、ガラスの大きな扉とコンクリートを組み合わせたモダンでクリーンな作り。ガラス扉からは光が差し込み、時間と共に光と影が変化していくのも内装の一要素となっている。もともとは40年近く続いた焼き鳥屋だったと聞くとちょっと意外だが、時間の経過を受け入れて尊重していこうとするところはなんだか「マメ」らしい。

 1号店の出店先として、もちろん青山や表参道、渋谷などの立地も考えていたという。ただ、「これだけモノがあふれる時代に自分たちが服を作り続ける理由や、その責任をブランドとしては常に考えている。アトリエがある場所の空気を感じてもらえて、“地産地消”のように服を売っていく店なら、ブランドのクリエーションがより伝わるんじゃないかと思った」と広報担当者。そうした考えから、店を作る上で意識したのは「街に根差して溶け込むような」空間だ。試着室のカーテンを開けると、店の奥のガラス越しに街の風景が見渡せるようになっている。BGMの代わりには、往来の音や京王線の通過音が聞こえてくる。

 売り場面積は約17平方メートルとコンパクトな作りで、ラックは1本のみ。「毎週、その時出すのに合った商品を黒河内やMD担当者が相談して並べる」のだという。販売員は、長らく「マメ」のフィッティングモデルを務めているという女性。「『マメ』のことをよく理解していて、『あのシーズンのあの商品』といった話が誰よりも分かる人」だ。

 開業時間は、毎週金、土曜の12~19時。近隣には「08サーカス(08SIRCUS)」の森下公則が手掛けるギャラリーショップ「08ブック(08book)」などもあり、新代田から羽根木にかけてのエリアは、コアなショッピングスポットとして今後盛り上がっていきそうだ。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら