ビューティ

「アットコスメトーキョー」は「本当に楽しいショップ」も課題はスタッフの配置 ビューティ売り場を見回ります!ミステリーショッパーが行くVol.3

有料会員限定記事

 第3回目のミステリーショッパーは、アイスタイルが1月10日に初の旗艦店として東京・原宿にオープンした「アットコスメ トーキョー(@COSME TOKYO)」。元「ギャップ(GAP)」跡地で原宿駅前の好立地だ。ラグジュアリーからプチプラまで約200ブランドを集めた店内は、「アットコスメ」の真骨頂、ランキングを活用したディスプレーをはじめ、ライブ配信スペース、メンズ・ユニセックスコーナー展開など、さまざまな仕掛けはさながらコスメの“遊園地”のようだ。新型コロナウイルス の影響が出てきている中ではあるが、オープン直後の様子を覆面調査員はどう見たのか?

調査員A:第3回目のパトロールは百貨店ではない店舗。今年1月に原宿駅の真ん前にオープンした「アットコスメ トーキョー」です。「駅前にコスメショップ。しかもブランドの垣根を超えた新業態」とあって、オープン前から話題になっていましたよね。

調査員B:SNSでもオープン前後、すごい話題になっていました!普段美容の話をしないようなインフルエンサーも注目していたので、この熱量の作り方はすごいなと。あまりにもみんながほめるので、「本当にそんなにいいの?」なんて、ちょっとひねくれた見方をしていたんですが(笑)、行ってみたら本当に楽しかった。

この続きを読むには…
残り4979⽂字, 画像12枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

アパレルは値上げする?しない? 全方位コストアップの中で有力企業の対応は?

5月16日発売の「WWDJAPAN」は、「アパレルは値上げする?しない?」にフォーカスします。すでに食品や外食、電気代などでは値上げラッシュが続いていますが、アパレル製品でも素材価格の上昇や物流費の高騰と混乱、さらには大半を輸入に頼る中での円の急落によってコストアップ圧力が大変高まっています。

詳細/購入はこちら