ビューティ

「アットコスメトーキョー」は「本当に楽しいショップ」も課題はスタッフの配置 ビューティ売り場を見回ります!ミステリーショッパーが行くVol.3

有料会員限定記事

 第3回目のミステリーショッパーは、アイスタイルが1月10日に初の旗艦店として東京・原宿にオープンした「アットコスメ トーキョー(@COSME TOKYO)」。元「ギャップ(GAP)」跡地で原宿駅前の好立地だ。ラグジュアリーからプチプラまで約200ブランドを集めた店内は、「アットコスメ」の真骨頂、ランキングを活用したディスプレーをはじめ、ライブ配信スペース、メンズ・ユニセックスコーナー展開など、さまざまな仕掛けはさながらコスメの“遊園地”のようだ。新型コロナウイルス の影響が出てきている中ではあるが、オープン直後の様子を覆面調査員はどう見たのか?

調査員A:第3回目のパトロールは百貨店ではない店舗。今年1月に原宿駅の真ん前にオープンした「アットコスメ トーキョー」です。「駅前にコスメショップ。しかもブランドの垣根を超えた新業態」とあって、オープン前から話題になっていましたよね。

調査員B:SNSでもオープン前後、すごい話題になっていました!普段美容の話をしないようなインフルエンサーも注目していたので、この熱量の作り方はすごいなと。あまりにもみんながほめるので、「本当にそんなにいいの?」なんて、ちょっとひねくれた見方をしていたんですが(笑)、行ってみたら本当に楽しかった。

この続きを読むには…
残り4979⽂字, 画像12枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

コロナ禍の現地取材で見えた“パリコレ”の価値 2021年春夏コレクション続報

「WWDジャパン」10月19日号は2021年春夏コレクションの続報です。コロナ禍でデジタルシフトが進んだコレクション発表ですが、ミラノとパリではそれぞれ20ブランド前後がリアルショーを開催。誰もがインターネットを通じて同じものを見られる今、リアルショーを開催することにどんな意味があるのか?私たちはリアルショーを情熱の“増幅装置”だと考え、現地取材した全19ブランドにフォーカス。それぞれの演出やクリ…

詳細/購入はこちら