ビューティ

#敦子スメ「新月・満月」ノート 今回の新月(2月24日)は行き違いが起こりやすい時期

星占いとの出合い

 オーガニックコスメとの出合いや、コスメキッチン在籍中に占い師・ジョニー楓さんのイベントを担当したのをきっかけに星占いに興味を持ち、独学しました。現代では、占いとしてこれはラッキー、アンラッキーという区別に使われることもありますが、良い悪いではなく自然の流れとしての月の動きに、地球上で生活しているわたしたちは知らずに影響を受けています。この連載では、月の動きの中で活用できるものを知り、うまく生かしていただくための付き合い方をお伝えしていきたいと思います。新月・満月の流れを最大限に引き出すためのサポートをしてくれるコスメやインナーケアアイテムも紹介していきます。第5回は、2月24日の新月とおすすめコスメについてお伝えします。

 今回の新月は“振り返り”に注目です。本来であれば“始まり”の新月ですが、今回は過去に気持ちが向く水星逆行期。この期間は次の満月の3月10日まで続きます。見直し、メールの誤送信、予定の変更などコミュニケーションや連絡の面で行き違いが起こりやすい時期です。ビジネスシーンでもそれを感じる人も多いかも。待ち合わせ場所や日程、データのバックアップ、電車の乗り違えなどには要注意。ぜひ、身近なところで感じる逆行感に注意してみてください。

 今回の新月コスメは、過去を振り返る水星逆行にちなんで、昔から日本にある老舗ブランドや、ブランド内で最初に作られた古株アイテムに注目です。新月というと“新たに見つける、始める”イメージですが、今回は過去を振り返って再発見するような、そんなアイテムを紹介します。

 私は、ビューティ業界に身を置いて15年ほど経ちますが、やっぱり本気なアイテム作りのブランドは皆に愛され、自然と息が長くなるのだなあと思います。オーガニックコスメの魅力を深く伝えているイタリア生まれの「アルジタル(ARGITAL)」の歯磨き粉「グリーンクレイ歯みがき(セージ)」は、ブランドにとっても初めて作った産声アイテムなんだそうです。シチリア産のグリーンクレイが含まれ、歯や歯茎の汚れをピタッと吸着して、セージのエキスが口内に清涼感をもたらします。男性にもおすすめな一品です。もう1つの「Dr.ハウシュカ(DR. HAUSCHKA)」も、昔から日本で売っているドイツ生まれの老舗ブランド。誕生は1967年です。硬めのオートミールのようなペースト状のテクスチュアが独特の「クレンズクリーム」は、ペタペタと顔にタッチするように使用する昔ながらのアイテム。春先に気になる角質を落とす洗顔料として長年親しまれるロングセラーです。両方とも、オーガニックコスメの良さを体感しやすい古株アイテムです。ぜひお試しを。

福本敦子(ふくもと・あつこ)/フリーランスPR・美容コラムニスト:コスメキッチンに14年間勤務後、現在はフリーランスPRとして活動するかたわら、ビューティコラムニストとしてイベント、SNSなど多方面で活躍。オーガニックに精通した知識を武器に、ライフスタイルに寄り添った独自のオーガニック美容論が、著名人やエディターをはじめ各方面から大人気。「#敦子スメ」は「読んだ瞬間試したくなる」と多くの反響を呼び、紹介した商品の欠品や完売も多数。2019年秋、初の書籍となる「今より全部良くなりたい 運まで良くするオーガニック美容本 by敦子スメ」を出版。発売前に増刷が決まるなど話題を読んでいる。旅を愛し、占星術にも精通 instagram:@uoza_26

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら