フォーカス

感情を解き放つエモーショナルな「スタディオファイブ」独創性で魅せる心揺さぶるランジェリー

 鮮烈な色彩と大胆なデザイン、他にはない独創性で、多くのファンを魅了するワコールのプレステージブランド「スタディオファイブ」。同ブランドはデビュー時から一貫して東京でデザインを行い、高い品質と常識にとらわれない新しい感覚のランジェリーを発信し続けている。その独自の世界観はデザインをはじめ、ドラマチックなイメージビジュアルでも表現されている。見て、触れて、まとって感じる、心を揺さぶられるランジェリーの魅力をお伝えしよう。

“理性的な人生はつまらない。
感情的な女であれ。”

 「スタディオファイブ」は、従来のワコールのランジェリーの常識を超えた新しい感覚を打ち出すブランドとして1982 年にデビューした。フェミニンでエレガントなスタイルが多いランジェリー市場において、下着にこだわる大人の女性をターゲットに都会的で個性のあるラインアップを展開し、ファッション感度の高い女性を魅了し続けている。ひときわ目を引くカラーコンビネーション、個性溢れるモチーフのオリジナルレース、細部まで計算されたフォーム、全てが唯一無二の存在感を放つ。長年続くその人気を支えているのは、ワコールのプレステージブランドにふさわしい妥協を許さないモノ作りだ。「スタディオファイブ」の独創性は、デザインはもちろんのこと、最高級の素材使いと、熟練した職人による丁寧なモノ作りに支えられている。

2020年春夏コレクションは
パリのナイトクラブから着想

 2020年春夏コレクションは池谷由利子「スタディオファイブ」チーフデザイナー自身が魅せられた、フランス・パリのナイトクラブで繰り広げられるレビューショーがテーマだ。見る人を魅了する官能的なステージ、大人の社交場としての洗練された雰囲気を独自の世界観で表現。老舗ナイトクラブのフレンチカンカンの衣装、妖艶なライト、アールデコのインテリアなどがイメージソースだ。彼女は「セクシーなランジェリーを、まずは自分のためにまとってほしい。美しいランジェリーを着けることで気持ちが上がる、その感覚を楽しんでもらえるとうれしい」と語る。それが他にはない唯一無二のデザインに込められた思いだ。


問い合わせ先
ワコールお客様センター
0120-307-056