ビューティ

品切れを生む「#敦子スメ」を発信する福本敦子の初書籍が登場

 個性ある視点と切り口でオーガニックコスメをインスタグラムで紹介する「#敦子スメ」が、20~30代の女性を中心に高い支持を得ている福本敦子フリーPR・美容コラムニスト。3.8万フォロワーを持つインスタグラムを中心に発信するその情報は「読んだ瞬間試したくなる」と言われ、数多くの完売や品切れを生むなど大きな反響を呼んでいる。そして10月28日には、オーガニックコスメ黎明期から店頭で接客してきたその知識に加え、月や星の動きにも着目した独自の美容論を一冊にまとめた初の著書「今より全部良くなりたい 運まで良くするオーガニック美容本」(光文社)が発売された。発売前に重版が決まるなど、滑り出しも上々の初の著書発刊に至る経緯や、そこに込められた思いについて聞いた。

WWD:初の著書を出版するに至った経緯は?

福本敦子フリーPR・美容コラムニスト(以下、福本):2018年1月からフリーランスのPR、美容コラムニストとして活動するようになり、雑誌やウェブで取材して頂いたり、連載を持ったりして自分の知識を伝えてきたのですが、今年に入ったころから「その知識を、近くに置いて見られるもの、触れられるものにまとめたい」という気持ちが膨らんでいきました。それが本であるとは思っていましたが、どうすれば形になるのかわからないまま時間が過ぎ、ある時、出版社にPRする商品を持ち込んだことがきっかけで運良く編集者(通称、ミスターD)に「本作りたい時って誰に言えばいいですか?」と口にしてみたことが大きなきっかけに。その後もさまざまな人の協力を得て、発刊することができました。

WWD:本のコンセプトは?

福本:タイトルに「今より全部良くなりたい」とあるように、この本に関わる全ての人が良くなる本にしたいと思いました。本を作る過程で、編集者、デザイナー、フォトグラファー、印刷会社や本の中で紹介したメーカーの人たち、みなさんが気分よく本に携わってくれることが大事だと。私に近い関係の人たちの気持ちが本を介して伝わると思ったし、買ってくれた方がそばに置いてくれたら運気が上がるような本を作りたかったので、それはすごく気をつけました。

WWD:初めてご自身の本を作ってみていかがでしたか?

福本:ライターを入れずに自分で書いたので、作業が思ったより多かったですね。約250点の商品を紹介しているので、その全ての説明やコラムなどかなりの文字量がありましたから。書くこと自体は楽しかったのですが、毎日ひたすら書かなければならなかったので、外に出られないことがストレスだったかな(笑)。ただ「福本さんの言葉を生かしたい」というミスターDの意向もありでライターを入れなかった代わりに、文章表現にNGがなく、普段インスタグラムで書いているような文章をそのまま掲載させてもらえました。本を作る全体の流れなどわからないことも多々ありましたが、クリエイティブなことは編集のミスターDを信頼してお願いできました。

WWD:美容本でありながら、スピリチュアルや旅の話なども含めた面白い章立てですが、どのように内容は決めたのですか?

福本:まず、私が何を伝えたいかを付箋に書いて並べ、「ビューティ」「スピリチュアリティ」「ヘルシー」「ライフスタイル」「トラベル」「パーソナリティー」と章を分けて、ミスターDと相談しながらその付箋を振り分けていきました。タイトルは、こんな本にしたいと思って並べていた言葉をミスターDが「これ、いいですね」とピックアップして決まりました。最終的には画数なども調べて決定したんですよ。

WWD:制作の段階からSNSでそのプロセスを紹介するなど、プロモーションの仕方も福本さんらしい方法でしたね。

福本:どういう風に本ができるのか制作の裏側を見せることで、みんなが一緒に作っている気持ちになってもらえればうれしいと思っていました。「#敦子スメの福本さんが本を作っているエンタメ」を演者の私と観客のみんなが一体となって楽しむ、ライブのような感じです。具体的には、インスタグラムで発信するほか、7月31日から新月と満月に配信するポッドキャスト「1mile TALK #敦子スメwith D」をミスターDとスタートさせました。発売前日の10月27日には伊勢丹新宿本店ビューティアポセカリーで先行発売&刊行記念イベントを行ったのですが、おかげさまで立ち見が出るほどたくさんの方に来場していただきました。私からアシスタントバイヤーさんに直接電話して決めてもらったイベントなのでよかったです。今後も、11月2日にソープトピア・ロンハーマン福岡店、4日にソープトピア・ロンハーマン京都店、9日にアルジタル 表参道店、24日に梅田 蔦屋書店とイベントが続きます。

WWD:これから新しく始めることはありますか。

福本:これまでインスタグラムやユーチューブなどで発信してきましたが、新しいメディア、スタイルでもビューティを伝えていこうと思います。その一つがラジオ番組で、10月18日からスタンドエフエムで「#敦子スメとのなんだかクセになるおしゃべり」が始まり、近々、毎月ゲストを招いて対談する「福本敦子の今日、ひま?』がスタートします。1回目のゲストは渡邉香織さんです。モデルの大屋夏南さんのYoutubeチャンネルでやっているオーガニックコスメ対談を観て「声が好き、話し方が好き」と言ってくださるフォロワーさんがいて、褒められたことは可能性があると思うし、私自身も前からラジオで話すことに興味があったのでやってみることにしました。ただ、新しいことをやるのが重要なのではなく、自分自身が楽しくて、相手も喜んでくれることが大切。これが何をやる場合にも私の鉄則です。

川原好恵:ビブレで販売促進、広報、店舗開発などを経て現在フリーランスのエディター・ライター。ランジェリー分野では、海外のランジェリー市場について15年以上定期的に取材を行っており、最新情報をファッション誌や専門誌などに寄稿。ビューティ&ヘルス分野ではアロマテラピーなどの自然療法やネイルファッションに関する実用書をライターとして数多く担当。日本メディカルハーブ協会認定メディカルハーブコーディネーター、日本アロマ環境協会認定アロマテラピーアドバイザー。文化服装学院ファッションマーチャンダイジング科出身

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら