ファッション

「ユニクロ ユー」2020年春夏コレクションを公開

 「ユニクロ(UNIQLO)」は2月21日、クリストフ・ルメール(Christophe Lemaire)による「ユニクロ ユー(UNIQLO U)」2020年春夏コレクションを国内66店舗と公式ECサイトで発売する。アパレルアイテムのほか、シューズ(3990円)やバッグ(1990〜3990円)、スイムウエア(990〜2990円)もそろえる。

 ウィメンズコレクションは、世界中を旅するようなアクティブで自立した女性たちに着想を得た。コットン素材のパラシュートパンツ(3990円)は、裾に取り付けたボタンを外すとリラックスしたワイドパンツに、留めるとすっきりとしたトラックパンツに変わる2WAY仕様。トラベルスーツとしてのジャケット(7990円)とパンツ(3990円)は、ジャージー素材を用いた柔らかな着心地に加えて、エレガントなシルエットにこだわった。

 メンズコレクションは、ビンテージワークウエアやミリタリーウエアに着想を得た機能的な定番アイテムを、現代的なシルエットとカラーリングで再解釈した。キューバシャツ(3990円)は、薄手のコットン地とオープンカラーを生かしつつ、ピンタックを施してミニマルな印象に仕上げた。ミリタリージャケットをモチーフにしたフーデッドコート(1万4900円)は、内側にコントラストカラーを施した。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら