ファッション

「ヴィクター&ロルフ」と「メリッサ」が初コラボ 花モチーフのサンダルとバッグを発表

 「ヴィクター&ロルフ(VIKTOR&ROLF)」は1月22日にパリで行われた2020年春夏オートクチュール・コレクションで、ブラジル・サンパウロ発のシューズブランド「メリッサ(MELISSA)」とのコラボレーションを発表した。両ブランドのコラボは今回が初めてで、サンダルとバッグをラインアップする。

 シューズは「メリッサ」のフラットタイプのサンダル“ポゼッション(POSSESSION)”をベースに、3Dカットでフラワーレースのモチーフをあしらった。カラーは「ヴィクター&ロルフ」らしいブラックとホワイトに加え、スカイブルー、ベビーピンク、マットクリーム、ベージュの6色を用意する。また、ラフィアのカゴバッグをモチーフにしたバッグには、「メリッサ」特有のPVCを使用してポップに仕上げ、取り外し可能なフラワーレースモチーフのショルダーストラップも付属する。カラーはブラック、スカイブルー、ベビーピンク、クリーム、ベージュの5色。

 価格はシューズが1万7500円、バッグが2万4500円で、日本では4月に発売予定。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら