1. 京都・四条烏丸に大丸松坂屋百貨店の「ビーノ東洞院」 1階には京都に初「シェイク シャック」

京都・四条烏丸に大丸松坂屋百貨店の「ビーノ東洞院」 1階には京都に初「シェイク シャック」

商業施設 オープン

2019/3/15 (FRI) 00:00

 J.フロント リテイリンググループの大丸松坂屋百貨店は、新商業施設「ビーノ東洞院」を4月3日に京都・四条烏丸に開業する。施設は3階建てで、延べ床面積は1652平方メートル。1階にはアパレルセレクトショップのストラスブルゴ(STRASBURGO)と京都初出店となるハンバーガーレストラン「シェイク シャック(SHAKE SHACK)」が、2階には銀座の老舗オーダースーツ専門店「ギンザグローバルスタイル(GINZA GLOBAL STYLE)」とコスメやフィットネスウエアなどを扱う「チャコット(CHACOTT)」が出店する。6月には3階にフィットネスクラブ「ベストスタイルフィットネス(BEST STYLE FITNESS)」がオープン予定で、全5店舗で運営する。

 「ビーノ東洞院」は、18年11月に旧松坂屋銀座店別館をリノベーションしオープンした「ビーノ銀座」に次ぐ系列の商業施設。「ビーノ(BINO)」は“Beauty Inside and Out”からの造語で、“外からも内からも美しさを追求する施設”をコンセプトに掲げており、「ビーノ銀座」には“ビューティー&ヘルス”をキーワードに、フィットネスジムやクリニック、エステなどが入っている。「ビーノ東洞院」には20代後半~30代の女性やカップルをターゲットに、ジャンルを問わず買い物が楽しめる店舗を誘致した。

 J.フロント リテイリンググループは、店舗を核にエリアの魅力を最大化する地域成長戦略「アーバンドミナント戦略」に取り組んでいる。重点地区としている京都では老朽化していた町家を再生した建物でラグジュアリーブランドなどを取り扱う「大丸京都店 祇園町家」や、築100年を超える旅館をリノベーションした「ブルーボトルコーヒー(BLUE BOTTLE COFFEE)」など、京都の町家文化を生かしたプロジェクトを展開中だ。「ビーノ東洞院」の開業で、大丸京都店を中心とした周辺エリアの活性化を図る狙いだ。

■BINO東洞院
オープン日:4月3日
時間:各店舗の営業時間に準じる
定休日:1月1日
住所:京都府京都市中京区東洞院通蛸薬師下ル元竹田町643

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。
※ @icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

ニュースランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
  1. 「美ST」が特集内の表現で批判受け謝罪

    Created with Sketch.
    企業動向雑誌・書籍・媒体SNS
  2. 六本木ヒルズにオトナ女性に向けたブランドが続々オープン

    Created with Sketch.
    商業施設リブランディングオープン PR
ブランド検索
シーズン検索
false false true true true false true true