ビジネス

「ギンザ シックス」開業4カ月強で売上高220億円

 4月20日に開業した大型商業施設「ギンザ シックス(GINZA SIX)」の8月末までの4カ月強の売上高は220億円だった。J.フロント リテイリング(JFR)の山本良一・社長が10日に行われた同社の2017年3~8月期決算会見で明らかにした。入店客数は700万人だった。ギンザ シックスは初年度目標として売上高600億円、入店客数2000万人を掲げている。秋冬は衣料品などの客単価が上がることもあり、山本社長は「目標は達成できる」と見る。

 山本社長によると、銀座通りに面した「ディオール(DIOR)」「セリーヌ(CELINE)」「サンローラン(SAINT LAURENT)」「ヴァン クリーフ&アーペル(VAN CLEEF & ARPELS)」「ヴァレンティノ(VALENTINO)」「フェンディ(FENDI)」のラグジュアリーブランドの旗艦店がいずれも好調なことに加えて、高級時計の動きも活発だという。ファッション関連ではカップルや夫婦でも買い回れるメンズ・ウィメンズのコンバインショップがけん引。「銀座はトレンドに敏感なお客さまが多く、早い時期から秋冬物のアウターがよく売れている」そうだ。インバウンド(訪日外国人)による免税売上高は、当初は全体の20%を予想していたが、30%弱に達している。

 ギンザ シックスは松坂屋銀座店を中心とした区画の再開発で誕生したショッピングセンターで、JFR、森ビル、LVMHグループのエル・リアル・エステート、住友商事の4社で運営。抜群の立地を生かし、高級ブランドを数多く誘致した「ラグジュアリー・モール」を謳っている。商業施設面積4万7000平方メートルに241ブランドが営業する。

最新号紹介

WWD JAPAN

模索する東コレ21年春夏 デジタル×リアルの突破口

「WWDジャパン」11月2日号は、2021年春夏「楽天 ファッション ウィーク東京」特集です。世界が直面するリアル×デジタルという課題、そして東コレに漂う停滞ムードの打破が期待される中、冠スポンサーの楽天が新たな支援プログラム「バイアール」をスタート。支援対象となった「ダブレット」と「ファセッタズム」はどんなショーを行ったのか、デジタルをどう掛け合わせたのか、どのようにメディアを巻き込んだのか。こ…

詳細/購入はこちら