ファッション

超高級モール「ギンザ シックス」のトイレに潜入

 ラグジュアリー・ブランドが集結した日本初の本格的な高級モール「ギンザシックス」は、トイレもラグジュアリーなのか。2階を除く各フロアに設置してある全トイレを、どこよりも早くレポートする。

 「ギンザ シックス」のトイレはやや落とした間接照明とウッド製の壁材とクリーム色の床材で、全体をシック&ノーブルに統一している。最大の特徴は男女のトイレにベビーチェア付きの広いトイレが必ず一室あること。子ども連れやバリアフリーをかなり意識しており、個人的なイチオシは、蔦屋書店のある6階のベビールーム。男性も使える授乳室、大通りに面した開放感のあるガラス張りのおむつ替えスペースなどがある。なお全てのフロアのトイレの便器や洗面台はいずれもTOTO製だった。

B2F

 スイーツやデリなどの食物販フロアのB2階は南側にトイレを設置。男性用は小便器2、個室3(内ベビーシート付き✕1)、洗面台2、女性用は個室5(内ベビーシート付き✕1)、洗面台2、パウダーコーナー。その他に多目的トイレ1になる。

B1F

 

 有力ブランドが一堂に介したコスメフロアのB1階は北側と南側にそれぞれ男女のトイレを設置。北側は、男子用が小便器4、個室4(内ベビーシート付き✕1)、洗面台2、女性用が個室7内ベビーシート付き✕1)、洗面台2、パウダーコーナー2席。その他に多目的トイレ1になる。南側は小便器2、個室3(内ベビーシート付き✕1)、洗面台2、女性用は個室5(内ベビーシート付き✕1)、洗面台2、パウダーコーナー。

1F


 ラグジュアリー・ブランドが集結した最もラグジュアリー度合いの高い1階には、館内にトイレはない。「ローソン」の併設されたツーリストサービスセンター内に公共トイレ扱いで設置されている。公共トイレ扱いのため、内装が他のフロアのトイレと異なり、扉はシルバー、壁材は大理石風のタイルになっている。

3F

 「ケンゾー(KENZO)」や「アレキサンダー・マックイーン(ALEXANDER McQUEEN)」などの尖ったインポートブランドで構成される3階は、北側と南側に男女のトイレを設置。北側は、男子用が小便器5、個室5(内ベビーシート付き✕1)、洗面台4、女性用が個室8(内ベビーシート付き✕1)、洗面台6、パウダーコーナー4席。その他に多目的トイレ1。南側は小便器4、個室5(内ベビーシート付き✕1)、洗面台4、女性用は個室5(内ベビーシート付き✕1)、洗面台4、パウダーコーナー(5席)。

4F


 「ヴァレンティノ(VALENTINO)」などのブランドに混じって、雑貨や着物などのライフスタイル雑貨が揃う4階も南北にトイレを設置。北側は女性トイレが充実。男子用が小便器3、個室3(内ベビーシート付き✕1)、洗面台2に対して、女性用が個室8(内ベビーシート付き✕2)、洗面台5、パウダーコーナー(6席)、さらにフィッティングルームが一室ある。その他に多目的トイレ1。南側は男性と女性がL字型に配置。男性用が小便器3、個室3(内ベビーシート付き✕1)、洗面台2、女性用は個室5(内ベビーシート付き✕1)、洗面台4、パウダーコーナー(6席)。

5F

 4階と同じくファッションと雑貨のフロアの5階も南北にトイレを設置。北側は女性トイレが充実。男子用が小便器4、個室5(内ベビーシート付き✕1)、洗面台2に対して、女性用が個室8(内ベビーシート付き✕1)、洗面台4、パウダーコーナー(6席・写真右)、さらにフィッティングルーム(写真左)が一室ある。その他に多目的トイレ1。南側は男性と女性がL字型に配置。男性用が小便器3、個室3(内ベビーシート付き✕1)、洗面台2、女性用は個室5(内ベビーシート付き✕1)、洗面台4、パウダーコーナー(6席)。多目的トイレ1。

最新号紹介

WWD JAPAN

2021-22年秋冬トレンド特大号 明るい未来に向けて心ときめく服を謳歌しよう

「WWDJAPAN」4月19日号は、2021-22年秋冬トレンドブックです。生活者の嗜好やニーズが細分化され、コロナがその流れに拍車をかける今、それでもデザイナーズブランドの新作をベースとしたトレンドをまとめるのは、半歩先の未来を見るデザイナーたちの視点に価値があるからです。コロナ禍でファッションに心地よさを求めた21年春夏からさらに歩みを進め、“ファッションで心踊らせたい” “オシャレを楽しみた…

詳細/購入はこちら