「コム デ ギャルソン・オム プリュス」は“白の力”を追い求める

コラムコレクション・レポート

2018/1/20 (SAT) 12:30

 「コム デ ギャルソン・オム プリュス(COMME DES GARCONS HOMME PLUS)」の2018-19年秋冬は、巨大な恐竜のマスクとともに幕を開けた。このマスクは、下田昌克がキャンバス生地を用い作り続けているもの。彼は藤代冥砂、谷川俊太郎とともに、マスクを作り、被せて撮り、詩を添えた書籍「恐竜人間」などを刊行した人物だ。

 真っ白な恐竜のマスクが絶大なインパクトを放ったように、川久保玲は今シーズン、“ホワイト・ショック”をキーワードに白が放つ力、もしくは白で力を放つことを追求した。

 純白のクリエイションは、中盤以降に始まる。中綿を詰めたような生地をタイル状にエンボスして生み出したのは、左右非対称のアシンメトリーなブルゾン。色、そして素材の視点から考えればピュアホワイトの中綿入りファブリックのブルゾンは柔らかく優しそうだが、パネル状のエンボスのせいか洋服は硬質的に見えるし、体に優しく沿ってはくれない。生地は体を動かすたびにぎこちなく変形し、着る者・見る者の白の概念を打ち砕く。ボトムスは、綿菓子のようにフワフワの生地で作ったショートパンツやアシンメトリーのレザースカート、キルティングのジョギングパンツ、ファスナーが渦状に走るスリムパンツなど。極端なボリュームやパンキッシュなテイストで、これも白の優しい概念を裏切った。

 アメコミやレタリング、幾何学的な格子模様などの柄は、白の強さというより、白を起点に生まれたものの強さと解釈すべきだろう。特に序盤は、さまざまな柄で覆い尽くされ、それはやっぱり川久保が追い求める“強い”洋服だ。しかし上述の白は、序盤に負けず鮮やかな印象を残した。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。

フォーカスランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
  1. 40〜50代が再び韓国に熱視線!? 百貨店とコリアントレンドの意外な相性

    連載 韓国ファッションの今商業施設インタビュー
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。

ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false false