ファッション

「ザ・ノース・フェイス」筆頭に好調のゴールドウイン 西田社長が語る世界進出の道すじ

有料会員限定記事

 ゴールドウインが海外事業の強化に本腰を入れている。西田明男社長は、7月に開催される東京オリンピック・パラリンピックを「日本経済にとって大きな転機」とし、海外進出を加速させる。

 同社の業績は近年好調を維持している。決算発表のたびに過去最高益を連続で塗り替え、2019年3月期にはスキー人気に沸いた1996年から23年ぶりに売上高も過去最高を更新した。ほかの国内大手スポーツメーカーと比較しても営業利益率は特に高く、卸から直営店主体に徐々に切り替えるなどの戦略が実を結んでいる。特に「ザ・ノース・フェイス」を擁するアウトドア事業は絶好調で、一過性のブームでないことを伸び続ける数字が証明している。(この記事はWWDジャパン2020年1月6日号からの抜粋です)

この続きを読むには…
残り1388⽂字, 画像3枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら