ファッション

「ザ・ノース・フェイス」筆頭に好調のゴールドウイン 西田社長が語る世界進出の道すじ

有料会員限定記事

 ゴールドウインが海外事業の強化に本腰を入れている。西田明男社長は、7月に開催される東京オリンピック・パラリンピックを「日本経済にとって大きな転機」とし、海外進出を加速させる。

 同社の業績は近年好調を維持している。決算発表のたびに過去最高益を連続で塗り替え、2019年3月期にはスキー人気に沸いた1996年から23年ぶりに売上高も過去最高を更新した。ほかの国内大手スポーツメーカーと比較しても営業利益率は特に高く、卸から直営店主体に徐々に切り替えるなどの戦略が実を結んでいる。特に「ザ・ノース・フェイス」を擁するアウトドア事業は絶好調で、一過性のブームでないことを伸び続ける数字が証明している。(この記事はWWDジャパン2020年1月6日号からの抜粋です)

この続きを読むには…
残り1388⽂字, 画像3枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら