ファッション

パリ発のシューズブランド「ボース」が世界初の店舗を表参道にオープン

 パリを拠点にするシューズブランド「ボース(BOTH)」はこのほど、世界初の店舗を東京・表参道に出店した。場所は表参道駅から徒歩約5分で、北青山のクレヨンハウスの直近。76平方メートルの店内は壁面の半分は鏡張りになっており、もう半面がウッドの骨組みとレンガを使った内装になっているのがポイントだ。

 「ボース」は2016年に香港のATXグループが立ち上げ、パリや上海、香港にオフィスを構えている。ブランドディレクターを務めるのは中国出身でラグジュアリーブランドのPRを経験したアンジェラ・ンー(Angela Ng)。デザインディレクターに、シューズブランド「ロンバート(ROMBAUT)」も手掛けるベルギー出身の気鋭シューズデザイナーのマット・ロンバート(Mats Rombaut)を起用し、アートディレクションを「ディオール(DIOR)」や「バーバリー(BURBERRY)」「ナイキ(NIKE)」などをクライアントに持つニコラス・サントス(Nicolas Santos)が担当している。

 パリのオフィスでロンバートによってデザインされる同ブランドのシューズの特徴はラバー(ゴム)の素材使い。代表的な“ガオ(GAO)”シリーズはブロック状の厚底のラバーソールがアイコニックだ。デザインはユニセックスで、クラシックラインが2万円〜3万円台、ファッションラインが3万円〜9万円台。卸を中心に25カ国以上の百貨店やセレクトショップなどで販売しており、日本では伊勢丹新宿本店やグレイト(GR8)、オープニングセレモニーなど約10店舗で取り扱いがある。

 ンー=ブランドディレクターは世界初の店舗に日本を選んだ理由について「ブランドイメージにぴったり雰囲気のある場所だったから。伊勢丹新宿本店やグレイトなどへの卸も好調でポテンシャルを感じた」と語った。

■ボース旗艦店
営業時間:11:00〜20:00
住所:東京都港区北青山3-9-1

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

訪日客100人に直撃「買ったもの教えて下さい」& インバウンド比率9割!も インバウンド人気店舗FILE

「WWDJAPAN」5月20日号は、円安でバブル化している「インバウンド特集」です。銀座、原宿・表参道、心斎橋での訪日客57組106人への突撃インタビューに加え、インバウンドで好調な12の店舗・ブランドを、インバウンド比率や好調アイテム/ブランドとともに紹介した「インバウンドで売れる店FILE」も収録。新しいインバウンド消費の内実を追いました。中国や韓国、米国などのインバウンド消費の上位国からスウ…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。