フォーカス

“全てのお客さまがVIP” 星あやの「イエロ」のフィッティングサロンがオープン

 モデルの星あやによるシューズブランド「イエロ(YELLO)」は10月18日、渋谷・神宮前に初の実店舗となるイエロ フィッティングサロン(YELLO FITTING SALON)を開いた。場所は原宿キャットストリートの小道を抜けた先で、明治神宮前駅から徒歩約3分の建物の2階。店内にはクリーンな白いタイルの床、美容室のように並んだ鏡台と、穏やかな水の音がするウォーターカーテンが設置されている。

 こだわりは、「全てのお客さまがVIP」をコンセプトにする徹底したおもてなし接客だ。個性豊かな販売スタッフ“イエロドールズ”によるマンツーマンの接客をはじめ、ドリンクサービス、フリーWiFiも用意。ショールーミング型店舗として、試着して、決済した後は、都内の倉庫から商品を自宅へ発送するため、購入客は手ぶらで帰ることができる。送料はブランドが負担。決済方法は現金やクレジットカードに加え、交通系ICカード、アプリ決済などのキャッシュレスに対応している。

 ブランドのディレクションから経営までを担う星あやに、開店直後のサロンについて話を聞いた。

WWD:なぜ神宮前に開いたのか?

星あや:この場所は原宿駅と表参道駅の中間に当たり、ハイファッションもストリートファッションの店舗も点在するエリアです。「イエロ」はストリートにもハイブランドにも合わせられ、真ん中のポジショニングにあるブランドでもあるのでぴったりだと思いました。

WWD:店舗名をショップではなくフィッティングサロンにした理由は?

星あや:私たちは靴をたくさん売る場所ということよりも、靴を通してメッセージをしっかり体現する場所にしたいと考えたからです。「お客さまがVIP」ということをコンセプトにホスピタリティーを大切にしながら、イエロドールズたちが一対一で接客し、お出迎えからお見送りまでします。これまでのポップアップストアでの出店では、音楽にもこだわり、BGMイメージを大切にしていたのですが、フィッティングサロンでは水の音でリラックスできる真逆のアプローチでリラックスして優雅にお買い物を楽しんでいたけるスペースを目指しました。お客さまにはゆっくり試着をしていただいて、気に入ったデザイン、ぴったりのサイズを納得して購入していただきたいです。

“清潔感を保つことこそが最高のラグジュアリー”

WWD:ドリンクサービスにもこだわった。

星あや:現在はシチリアンレモネード、季節のフレーバーウォーター、グリーンティー、コーヒーなどから選ぶことができます。レモネードは私の大好物で、暑い日はコールドで、寒くなってきたらホットで提供したいと考えています。ハイブランドでは当たり前ですが、この価格帯(1万〜2万円台)のブランドでは今までになかったサービスだと思います。

WWD:内装について教えてほしい。

星あや:高級感のある空間を考えたときにクリーンであることだと思いました。でも、クリーンというのは簡単なようで難しい。タイルは汚れやすくデリケートですが、あえて時間とお金をかけてキレイにしていくこと、清潔感を保つことこそが最高のラグジュアリーだと考えました。鏡やガラスの什器もオリジナルで。ウォーターカーテンの水の音とハイヒールの音はエレガントで癒されますし、普遍的な美しさがあると思います。

WWD:オンラインと異なるサービスは何か?

星あや:お客さまに荷物を持ってお帰りいただく事はVIP対応ではないと考え、こちらで送料を負担して購入いただいた商品をこちらの送料負担で翌日配送します。(商品により)決済でもお客さまを煩わせないよう、現金やクレジットカードだけでなく、全国の交通系ICカード、アプリ決済までご利用いただける最新の決済システムを取り入れています。また店舗用とは別に、お客さま用のWiFiも完備しています。

■YELLO FITTING SALON
営業時間:12:00~20:00
住所:東京都渋谷区神宮前6-8-5 AIビル2階