ファッション

ロシアの若者は“親のお下がり系”ストリート ちょいダサがかっこいいファッション・ウイーク来場者たち

 ロシアの首都モスクワで、2020春夏シーズンの「メルセデス・ベンツ・ファッション・ウイーク・ロシア(MERCEDES-BENZ FASHION WEEK RUSSIA)」が10月15〜19日に開催された。同ファッション・ウイークは他の都市と異なり、業界人でなくても登録すれば誰でも参加可能である。会場にはファッションを愛する若者が多く集結した。

 パリやミラノといったファッションの主要都市では、ストリートスタイルのビッグトレンドのピークは一段落しているが、モスクワでストリートスタイルは若者にとっての定番としてタイムレスのようだ。「ゴーシャ ラブチンスキー(GOSHA RUBCHINSKIY)」や「ヴェトモン(VETEMENTS)」を彷彿とさせるワークパンツやジャージー、オーバーサイズジャケットなどが多く見られた。ファッションブランドの着用率は低く、両親から譲り受けた古着やビンテージマーケットで購入したアイテムばかり。

 最もロシアらしい特徴といえば、女性がストールを頭に巻くスタイルだ。極寒のロシアでは帽子兼耳当て兼マフラーとして、さらに教会へ行く正装としてストールを多用するスタイルが古くからあり、手縫いの鮮やかな柄のストールはロシアの工芸品の一つでもある。そんなロシアの伝統的なスタイルをストリートウエアと合わせて、風変わりだが絶妙なバランスで独特のスタイルを確立する若者が多かった。

ELIE INOUE:パリ在住ジャーナリスト。大学卒業後、ニューヨークに渡りファッションジャーナリスト、コーディネーターとして経験を積む。2016年からパリに拠点を移し、各都市のコレクション取材やデザイナーのインタビュー、ファッションやライフスタイルの取材、執筆を手掛ける

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら