ファッション

有力ブランドが次々と指名する18歳モデル美佳【ネクストリーダー2020】

有料会員限定記事

 「WWDジャパン」は、ファッション界の次世代を担う人に光を当てた企画「ネクストリーダー」を実施している。今回で3回目を迎えた同企画の対象者は、ファッションビジネスに関わるあらゆる分野の若きリーダーたち。情熱と才能を持ち、強い信念で前へ進むネクストリーダー10組を紹介する。

 エキゾチックなムードをまとうモデルの美佳は、2001年フランス・パリ生まれの18歳。フランス人の父と日本人の母の間に生まれ、日本、フランス、ロシア、インドで育って、仏英日の3か国語を話すトリリンガルだ。7月にモデル活動を本格スタートさせ、わずか2カ月後にミラノ・ファッション・ウイークの「プラダ(PRADA)」のショーでランウエイデビューした。さらにパリでは「サンローラン(SAINT LAURENT)」や「ロエベ(LOEWE)」「サカイ(SACAI)」「シャネル(CHANEL)」「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」など有力ブランドのショーに次々と抜てきされた。18歳の初々しい素顔に迫る。

WWD:7月にモデル事務所に所属し、2カ月後にはランウエイデビューを果たした。2019年を振り返ると?

美佳:自分でも信じられないことばかりで、新しい経験の多い年だった。それまでは、南インドのポンディシェリ(かつてはフランス領で今なおフランス文化が残る)にある学校に通っていたので、卒業後に日本に拠点を移して周囲の環境がガラッと変わった中で、数週間前はパリにいたり、昨年末はオーストラリアにいたり。モデルを始める前の自分に「予測できない未来が待っているよ」って言いたい。

この続きを読むには…
残り1756⽂字, 画像0枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら