ファッション

有力ブランドが次々と指名する18歳モデル美佳【ネクストリーダー2020】

有料会員限定記事

 「WWDジャパン」は、ファッション界の次世代を担う人に光を当てた企画「ネクストリーダー」を実施している。今回で3回目を迎えた同企画の対象者は、ファッションビジネスに関わるあらゆる分野の若きリーダーたち。情熱と才能を持ち、強い信念で前へ進むネクストリーダー10組を紹介する。

 エキゾチックなムードをまとうモデルの美佳は、2001年フランス・パリ生まれの18歳。フランス人の父と日本人の母の間に生まれ、日本、フランス、ロシア、インドで育って、仏英日の3か国語を話すトリリンガルだ。7月にモデル活動を本格スタートさせ、わずか2カ月後にミラノ・ファッション・ウイークの「プラダ(PRADA)」のショーでランウエイデビューした。さらにパリでは「サンローラン(SAINT LAURENT)」や「ロエベ(LOEWE)」「サカイ(SACAI)」「シャネル(CHANEL)」「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」など有力ブランドのショーに次々と抜てきされた。18歳の初々しい素顔に迫る。

WWD:7月にモデル事務所に所属し、2カ月後にはランウエイデビューを果たした。2019年を振り返ると?

美佳:自分でも信じられないことばかりで、新しい経験の多い年だった。それまでは、南インドのポンディシェリ(かつてはフランス領で今なおフランス文化が残る)にある学校に通っていたので、卒業後に日本に拠点を移して周囲の環境がガラッと変わった中で、数週間前はパリにいたり、昨年末はオーストラリアにいたり。モデルを始める前の自分に「予測できない未来が待っているよ」って言いたい。

この続きを読むには…
残り1756⽂字, 画像0枚

この記事は、有料会員(定期購読者)限定です。記事を購入することもできます。

¥100

記事を購入する

プランを選択

定期購読に申し込む

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら