ファッション

18歳の新人モデル美佳がパリコレで躍進 「ルイ・ヴィトン」「シャネル」など10ブランドに登場

 日本とフランスのハーフモデルの美佳(18)は、2020年春夏シーズンのミラノとパリのファッション・ウイークで計10ブランドのランウエイを歩いた。活動開始から2カ月というキャリアで、「プラダ(PRADA)」「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」をはじめとするビッグメゾンのファッションショーに登場。ファッション・ウイーク初挑戦で実績を残した。

 ミラノでは「プラダ」でランウエイデビューを果たし、パリコレでは「サンローラン(SAINT LAURENT)」のオーディションに合格すると、翌日の「ランバン(LANVIN)」「パコ・ラバンヌ(PACO RABANNE)」のショーにも出演が決まった。阿部千登勢が手掛ける「サカイ(SACAI)」のランウエイも歩いた。

 美佳は2001年フランス・パリ出身で身長178cm。フランス人の父と日本人の母の間に生まれ、日本やフランス、ロシア、インドで育った、仏英日の3カ国語を話すトリリンガルだ。7月から日本のモデルエージェンシーのイマージュに所属。ニューヨークではザ・ソサエティ マネジメント、パリ、ミラノ、バルセロナではエリートと契約している。10月からは東京を拠点に活動する。

 今後も広告キャンペーンや雑誌のエディトリアル、来シーズン以降のショー起用にも期待が高まる。

■2020年春夏で登場したブランド
プラダ
サンローラン
ランバン
パコ・ラバンヌ
ロエベ
ヴァレンティノ(VALENTINO)
サカイ
アレキサンダー・マックイーン(ALEXANDER McQUEEN)
シャネル(CHANEL)
ルイ・ヴィトン

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

業界に贈るZ世代の声 ファッション系サークル所属の 大学生がサステナブルを語る

「WWDJAPAN」9月20日号は、ファッション系のサークルに所属する大学生とタッグを組んで、Z世代のファッションやサステナビリティに関する意識に迫りました。青山学院大学、慶應義塾大学、上智大学、早稲田大学から生まれた団体の活動内容や業界への思い、お気に入りのアイテムなどを紹介します。ファッションが好きだからこそ洋服の大量廃棄問題や環境への負荷について、学生目線で「できることはないか」と考える学生…

詳細/購入はこちら