ファッション

「ナイキ」から“怪童”ムバッペ初のシグネチャーコレクション “エア マックス 98”などを用意

 「ナイキ(NIKE)」が、パリ・サンジェルマンFC(PARIS SAINT-GERMAIN FC)所属でサッカーフランス代表のエース、キリアン・ムバッペ(Kylian Mbappe)選手の初のシグネチャーコレクションを発表した。

 コレクションは、「僕の心の中には、フットボールと出合い恋に落ちたボンディが常にある」と、生まれ育ったパリ郊外の街ボンディと、父親がコーチを務めていたクラブASボンディ(AS Bondy)にオマージュを捧げたもの。キーカラーは、かつて森に覆われていた街とASボンディのクラブカラーから着想したグリーンで、普段から愛用するスパイク“マーキュリアル スーパーフライ 7 エリート(MERCURIAL SUPPERFLY 7 ELITE)”(3万円)やユニホーム(6500円)、Tシャツ(3000円)、ヒップバッグ(3000円)などのフットボール用品に加え、ムバッペ選手が大のスニーカー好きであることから“エア マックス 98(AIR MAX 98)”(1万9000円)も用意した。どのアイテムも随所に、母国フランスがFIFAワールドカップで2度優勝したことを意味する2つの星マークや、フランスの地方行政区画においてボンディを表す“93”の数字があしらわれている。

 現在、「ナイキ」公式サイトや一部専門店で販売中だ。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら