ファッション

マーク・ジェイコブスがメンズを再開 「ピーナッツ」とのコラボアイテムなど

 「マーク ジェイコブス(MARC JACOBS)」が5月にスタートさせた新ライン、「ザ マーク ジェイコブス(THE MARC JACOBS)」がメンズウエアを発売した。「マーク ジェイコブス」は2017-18年秋冬コレクションを最後にメンズから撤退しており、同ブランドで2年ぶりの再開となる。

 そのきっかけとなったのは、同ラインのうち「ピーナッツ(PEANUTS)」とコラボレーションしているシリーズだ。19年プレ・フォールでウィメンズとして発売されたものだが、男性が大きなサイズを購入するケースが目立ったため、主なアイテムをメンズサイズで展開することにしたという。それに加えて、「ニューヨーク・マガジン(NEW YORK MAGAZINE)」や、画家・イラストレーターのマグダ・アーチャー(Magda Archer)とのコラボシリーズもメンズサイズで発売した。

 アイテムは“ザ ツイードジャケット”や“ザ カーペンターパンツ”“ザ アルティメートフーディー”“ザ メンズシルクシャツ”などで、価格はTシャツが115ドル(約1万4200円)、トラックパンツが425ドル(約4万5900円)、シルクシャツが425ドル(約4万5900円)、ジャケットが1300ドル(約14万円)、フーディーが1600ドル(約17万2000円)など。同ブランドの米公式ECサイトで販売されている。

最新号紹介

WWD JAPAN

模索する東コレ21年春夏 デジタル×リアルの突破口

「WWDジャパン」11月2日号は、2021年春夏「楽天 ファッション ウィーク東京」特集です。世界が直面するリアル×デジタルという課題、そして東コレに漂う停滞ムードの打破が期待される中、冠スポンサーの楽天が新たな支援プログラム「バイアール」をスタート。支援対象となった「ダブレット」と「ファセッタズム」はどんなショーを行ったのか、デジタルをどう掛け合わせたのか、どのようにメディアを巻き込んだのか。こ…

詳細/購入はこちら